2016年8月29日月曜日

呼吸とコンピューターと易経と孔子とライプニッツ数学~易経の陰陽論は、2進法で世界をとらえる数学!

来月から、易経の解説もやることにしました。

呼吸を理解するためには、陰陽を理解する必要があるからです。

八卦 羅盤


現代のコンピューターの基礎理論は、ライプニッツが体系化した2進法が源流です。

ゴットフリート・ライプニッツ

2進法を研究したのもライプニッツの業績である。彼は中国の古典『易経』に関心をもっており、1703年、イエズス会宣教師ジョアシャン・ブーヴェから六十四卦を配列した先天図を送られ、そこに自らが編み出していた2進法の計算術があることを見いだしている。

引用ココマデ


古代中国凄くね?


コンピューターのON・OFFと呼吸(吐く・吸う)は同じメカニズムだったりします。

バグやエラーなくプログラムを発動させることと、現実を偏見なくとらえることも同じ。


横隔膜の上下運動が、人間の脳機能のバランスをとっていることはよく知られています。

自分と世界をあるがままに理解するためには、正確な2進法的呼吸が不可欠なのです。


人間の指は10本あるので、人間社会は10進法です。

世界は、陰陽の2極でできているので、2進法です(すべての数字を0と1だけであらわせる)。


コンピューターは、どんな複雑な処理をしていても『電流が流れる・流れない』で動いています。

「0(空)」と「1(色)」だけを使って計算するのがコンピューターです。


易経は『変化の書』と呼ばれます。

易経といえば孔子です。


易経

中心思想は、陰陽二つの元素の対立と統合により、森羅万象の変化法則を説く。

この書物の本来の書名は『易』または『周易』である。『易経』というのは宋以降の名称で、儒教の経書に挙げられたためにこう呼ばれる、。

なぜ『易』という名なのか、古来から様々な説が唱えられてきた。ただし、「易」という語がもっぱら「変化」を意味し、また占いというもの自体が過去・現在・未来へと変化流転していくものを捉えようとするものであることから、何らかの点で “変化” と関連すると考える人が多い。

孔子が晩年易を好んで伝(注釈、いわゆる「十翼」といわれる彖伝・繋辞伝・象伝・説卦伝・文言伝)を書いたというのは特に有名であり、『史記』孔子世家には「孔子は晩年易を愛読し、彖・繋・象・説卦・文言を書いた。易を読んで竹簡のとじひもが三度も切れてしまった」と書かれており、「韋編三絶」の故事として名高い。 このような伝説は儒家が『易』を聖人の作った経典としてゆく過程で形成された。

引用ココマデ

まあ、あくまで伝説ですが、易は必読の書です。

数学が苦手な人には、ちと難しいかもですが。


北尾吉孝さん(僕と名前がかぶります)のこの記事、素敵です。

→ 易経に学ぶ②

易経とは、物事が変化する前にその変化を知る、すなわち「幾」を察する能力を養うための書物

引用ココマデ


これからの自分を見通すのに占いは要りません。

変化の原理原則を理解すればいいのです。


「占わずして吉凶を知る(荘子)」

「善く易を為むる者は占わず(荀子)」


ということです。


来月の安部塾は、数学的になりそうです(笑)。

「朋(とも)あり 遠方より来る、また楽しからずや」~人生の楽しみは、仲のよい友人とともに酒をくみかわし、歓談すること!!

昨日は、安部塾のBBQイベントでした。

KANONオーナーさんのまとめ

夏の思い出ヽ(・∀・)ノ

舞さん本領発揮ですな。

糸島BBQ 舞さんとじゅんじゅん

お店のスタッフが驚くレベルの持ち込み具材(笑)

糸島BBQ

糸島BBQ

怪しい集団(笑)。

糸島BBQ
 いい笑顔w 「参加すれば喜びに満たされます」のセリフに嘘はありません。

糸島BBQ
 BBQ後、塾生の薫さんのオープンのお祝い。

薫YOGA オープン

断言できますが、雑談に力を入れると、楽しい人間関係が生まれます。

雑談力のあるチームメンバーの笑顔は素敵です。

雑談力を身につけたければ、参加するのが近道です。

参加するということは、自分の殻にこもらずに自分を開くことだからです。


自分の殻にこもっていても、いいことなんてほとんどありません。

いいことは、周りの世界に対して自分を開いていくことで起きます。

自分を開いた人同士は、朋(とも)になれます。

朋と語り合う以上のしあわせなんて、どこにもありません。


孔子先生の言葉。

「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」

人生の最高の楽しみの一つは、仲のよい友人とともに酒をくみかわし、歓談することである!

いやほんと、その通りだと思います。


BBQの前に、夫婦岩を見に行ってきました。

夫婦岩
 糸島ドライブは、法定速度厳守・安全運転義務厳守です(笑)。

MBロードスター

2016年8月28日日曜日

阿吽(あうん)の呼吸~IBUKI(息吹)の根源~ともにひとつのことをするとき、お互いの気持ちがぴったりと合うこと。

昨日、国東半島の両子寺に、下見に行ってまいりました。

両子寺といえば、上腕の屈曲・伸展の型をとる阿吽の像です。

阿吽の像
いつか開催する予定の『安部塾国東~IBUKI』は、ここから始めます。

阿吽の呼吸とは、二人以上の人たちがともにひとつのことをする時の相互の微妙な調子や気持ち。また、それがぴったりと合うこと。


IBUKIで人間関係が改善する理由です。

呼吸と気持ちが合わなければ、すべてが終わります。

呼吸と気持ちが合うことで、すべてが始まります。

手と足と口と目を合わせる型で、「あ」の発声をすると起きる奇跡のタネです。


「あ」の発声なしには、何も始まらないのです。


阿吽の意味。
 ↓

阿吽(あうん=a-hūmˈ)

デジタル大辞泉の解説

あ‐うん【×阿×吽/×阿×呍】

《梵語のaとhūṃの音写。「阿」は口を開いて出す音声、「吽」は口を閉じて出す音声》
1 梵字の12字母の、初めにある阿と終わりにある吽。密教では、この2字を万物の初めと終わりを象徴するものとし、菩提心と涅槃(ねはん)などに当てる。
2 仁王(におう)や狛犬(こまいぬ)などにみられる、口を開いた阿形(あぎょう)と、口を閉じた吽形(うんぎょう)の一対の姿。
3 吐く息と吸う息。呼吸。
4 相対・対比など相対する二つのものにいう語


百科事典マイペディアの解説

阿吽【あうん】

阿の音と吽の音。梵音のアとフームの音写。
阿は口を開いて出す最初の音。吽は口を閉じて出す最後の音。
密教では阿は万物の原因(理),吽は万物の結果(智)とする。
寺の門や神社にある仁王や獅子,狛犬(こまいぬ)などは阿吽を表す。

世界大百科事典 第2版の解説

あうん【阿吽 a hūṁ[サンスクリツト]】

〈阿〉字は口を開くと最初に出てくる音で,梵字アルファベットの最初の字。いっさいの字,いっさいの音声はaを本源とするから,a字は諸法の本初を表す。また,〈吽〉字は口を閉じた最後の音で,諸法の終極を表す。したがって〈阿吽〉の2字をもっていっさいの存在者が生起する根源たる実相(諸法の存在論的根拠たる存在そのもの)と,智慧をもって迷いを破してその本源へ帰滅すべきであるという存在の真実を表現する。【津田 真一】

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿吽(あうん)

サンスクリット語のア・フームa-hの音写。
密教では、「阿」は口を開いて発音する最初の音声で、すべての字音は阿を本源とし、「吽」は口を閉じて発音する音声で、字音の終末とする。また、阿は呼気、吽は吸気であるとともに、それらは万有の始源と究極とを象徴する。さらに阿字には不生(ふしょう)、吽字には摧破(さいは)の意があるなどとする。
この2字の密教的な解釈については、空海の『吽字義(うんじぎ)』と『秘蔵宝鑰(ひぞうほうやく)』に詳しい。寺院の山門に安置する仁王(におう)や向拝(ごはい)の左右の柱頭にある獅子(しし)、神社の狛犬(こまいぬ)(高麗犬の意)などで、向かって右が口を開き、左が口を閉じているのは、阿吽を表す。相撲の仕切りなどで、呼吸があうのを「阿吽の呼吸」という。[宮坂宥勝]

引用ココマデ


面白いでしょ?

2016年8月27日土曜日

足の裏には無限の可能性がある(笑)。足趾を手指のように使おう。

昨日、足底横アーチでスーパーボールをつかむというネタをやりました。

母趾内転筋を使うと、こんな芸ができます。

足底横アーチでスーパーボールをつかむ
本来、二趾の付け根は凹んでいるもの。

タコなんてできているのはおかしいのです。

足底横アーチにスーパーボールをのせる

基本です。

足底横アーチ部拡大 足関節内返し

股関節の外転・内旋に足関節の外返しを合わせ、母趾でボールをつかむ。

足関節外返し・母趾底屈・四趾背屈 股関節外転・内旋

母趾は底屈、四趾は背屈します。

足関節外返し・母趾底屈・四趾背屈 股関節外転・内旋

驚異的に全身が変化して面白いです。

機能解剖学・生体力学的な知識がないと、ただの芸ですが(笑)。

2016年8月24日水曜日

長崎孔子廟・新地中華街に、9月4日(日)の長崎孔子廟研修旅行の下見に行ってまいりました。

朝からロードスターで長崎孔子廟に、9月4日(日)の長崎孔子廟研修旅行の下見に行ってまいりました。

孔子廟前コインパーキング(当日10:00の集合場所)です。

孔子廟前コインパーキング
目の前が、孔子廟入口です。

孔子廟入口(すぐ奥に受付)

雰囲気あるでしょ?
孔子廟入口と僕(笑)
気分アガります。
孔子廟
いやほんと、アガります。

孔子廟
テンション・マックスでしょ(笑)?

孔子廟 五龍
ではいよいよ廟内へ。
孔子廟
荘厳。
孔子廟
孔子先生です。

孔子廟
ここに来ると、歓喜に包まれます。

孔子廟

新地中華街の龍園さん。ここで昼食の予定です。

龍園
龍園の料理は、食べるほどに心が満たされます。

ピータン+豆腐なんか、絶品すぎて筆舌に尽くし難いものがあります。


博物館内は撮影禁止なので写真はありません。


当日は、孔子先生の展示スペースで、僕が解説します。

孔子先生の生涯と、仁・徳・礼・恕などのお話です。

「恕~心の如し」は、身体操作指導者必聴の内容です。

孔子廟の場の力(フォース・オブ・フィールド)を実感してください。


まあ実際、身体ばかり動かしても何にもなりません。

孔子廟に行けば、自分が何をしたらいいのかがわかります。


御参加、お待ちしております。

2016年8月23日火曜日

脊柱の動き~穏やかな表情と品の良い立居振舞

さっきの記事の実技写真を撮ってみました。

脊柱の伸展+側屈+回旋の写真

赤ちゃんがよくやってる動きです。

お盆集中講座の解説不足を補う目的で撮りました。

9月18日(日)の集中講座では、脊柱の動きの説明に力を入れます。

劇的に姿勢と動きを改善できますから。


まあ、何気にいちばん大切なのは『表情』です。


最近ハマっている論語メモ

『指導者の9つの心得』

1. 的確に見る
2. 誤りなく聞く
3. 表情を穏やかに保つ
4. 立居振舞に品を保つ
5. 言葉をたがえない
6. 仕事に敬意を払う
7. 疑問があったらきちんと訊(き)く
8. 見境なく怒らない
9. 社会道義に反した利益を追わない


穏やかな表情と品が良い立居振舞はボトムラインです。

1は、安部塾では小松式ヴィジョントレーニングに丸投げ(笑)。

2~7と9は、安部塾マストです。

8が、僕にとっては難関です(昔に比べれば、かなり怒らなくなりました)。


ここ1か月の僕の能力の伸びが、過去最高を更新し続けています。

いまの僕に関わると、『花開富貴』になるはず(笑)。

2016年8月22日月曜日

「肩にアゴを近づける動作」の意味。姿勢保持と脊柱の側屈+回旋のフォースカップル~人は肋骨部の弾力で歩き走る。

お盆の集中講座で説明不足だった首の動き(カップリング・モーション)。

9月18日(日)の息吹(IBUKI)集中講座で詳細に解説します。

『頭部・頸部を同側連鎖させるただひとつのテクニック』

まあ、肩にアゴを近づけるだけなんですけどね(笑)。


基本法則のひとつ

『頸椎は、同方向に側屈+回旋の動きをつくる』

右に側屈するときは、右に回旋するということです。

頸椎の同方向の側屈+回旋


さっきの記事で書きましたが、腰椎は、逆方向に側屈+回旋の動きをつくります。

右に側屈するときは、左に回旋するということですね。


腰椎の逆方向の側屈+回旋


上部胸椎は、同方向にフォースカップルをつくります。

カパンジー機能解剖学に詳しく書いてあります。


安部塾名物の進化学で、ざっと解説してみましょう。

魚類は、側屈運動で泳ぎます。

両生類・両生類は、主に側屈運動+屈曲・伸展運動で泳ぎ・這います。

哺乳類は、屈曲・伸展運動で動きます。側屈運動でバランスをとります。

では、人は?


はい。


胸郭の弾力性(肋骨の弾力性)で動きます。

肋骨部の弾力が胸椎部の側屈+回旋運動を引き出します。

胸椎部の側屈+回旋運動が、身体全体の動きを制御します。

アナトミートレインに詳しく書いてあります。


安部塾では、脊柱のS字カーブは肋骨部の弾力でつくられていると考えます。

肋骨部の弾力性が消失している人の姿勢の悪さを解析した結果です。

この状態ではメンタルもやられてしまうと考えています。

なので、息吹の呼吸によって肋骨部の弾力性を取り戻すことに注力します。


お盆の内容の2倍は濃くなりそう(笑)。