2017年12月18日月曜日

美味しい話に騙されるようなレベルでは、結果を出し続けることはできません。

普通に考えたら変な話に騙される人たちがいます。

https://www.google.co.jp/amp/news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/8874734/#ampshare=http://news.livedoor.com/article/detail/8874734/

■知人の真似をしてしまう
 知人から勧められた商品や、芸能人や有名人が愛用しているという商品を真似して買ってしまう人も、やはり結果的に損をしたり、不利益をこうむる可能性が高くなります。
 これも自信がない人に多いのですが、不安から逃げたいという心理から、成功している(ように見える)人が勧めるものを盲目的に取り入れてしまうのは、非常に危険。なぜなら、そこには自分なりの検討や判断がないからです。
 たとえ家族から勧められても、本当に自分に必要なものかどうかは自分で判断する習慣をつけることで、変な話に騙されたり、自分にとって害のある人と付き合うことは避けられます。

引用ここまで

身体関係の業界に限りませんが、本当に価値のある話は美味しくありません。

地道な積み上げの上に成り立つ話は、美味しくないのです。

次から次に、新しい美味しい話に飛びついては、すぐにやめてしまう。

本当に取り組むべき自分の問題から逃げてしまう。

不安をベースに動いてしまうがゆえの行動です。

記事にある通り、不利益・損の連続となります。

そんなことになるのは、行動原理が「ほめられたい」からです。

ほめられたくて仕方がない人は、判断基準が「ほめてもらえるかどうか?」になります。

ほめてくれる人は「やさしい人」。

ほめてくれない人は「ひどい人」。

だから、「戦略としてほめる人」に騙されます。

騙され続けます。

ほめられると舞い上がるのです。

注目されたいし、脚光を浴びたいのです。

しかし、結果は「悪目立ち」と「孤独」です。

自分が抱える本質的な心の問題から逃げた末路です。

だからこそ、美味しい話に騙され続けるのです。

そして、美味しい話を他人に拡散します。

自分自身が救われていない話を他人に奨めます。

認知的不協和理論です。

他人にアピールせずにはおれません。

結果を出し続けるためには、エビデンスのある方法論の積み上げが不可欠です。

興味関心が向いた小ネタをどれだけ集めても、結果は出ません。

美味しい話に騙されるようなレベルでは、結果は出ないのです。

最大の損失は、「良好な対人関係の喪失」です。

2017年12月17日日曜日

愚痴は無理をする自分の売り込み、 悪口は自分を理解してほしいという心の叫びです。

これ、ほんとそう。

好きな人を困らせてしまう人へ
相手の愛を確かめようとしているのです。
愚痴は無理をする自分の売り込み、
悪口は自分を理解してほしいという心の叫びです。
#大原敬子
https://t.co/oaJz3WKThe

@colver_asさんのツイート: https://twitter.com/colver_as/status/941932896670990336?s=09

2017年12月16日土曜日

闘争と逃走~ナルシシズムからの解放~岩戸びらき

ストレス症状の特徴は、闘争と逃走。

やたらと攻撃的・防御的になります。

そして最後は、逃げ出します。

教科書通りの定番パターンです。

ナルシシズムの克服をテーマにすれば治まります。

それはつまり、力(りき)まないということです。

闘争・逃走モードの状態が続くと、筋肉がカチカチになります。

解除すれば、筋肉はやわらかくなります。

そう。

「無駄な力を抜く」  

それが、人生を楽にする基本なのです。

ストレスフルなとき、人は乱暴になります。

他人の話が聴けなくなります。

的外れな行動をとります。

そして、闇に堕ちて、自滅していきます。

自分でやめない限り、誰も助けることはできません。

まわりの人たちにできることは、面白おかしくしていることだけです。

その明るさに興味が持てれば、岩戸はひらきます。

力ずくではひらきません。

ひらくかひらかないかは、本人の自由意思なのです。

大晦日竹屋神社岩戸びらきの舞のプロットをつくっています。

傷ついたナルシシズムを克服する物語。

今年1年語り尽くしたストレスのお話を舞で表現します。

阿多福が、面白おかしく舞います。

アマテラスの闘争と逃走の物語。

アメノウズメの自己肯定の物語。

タヂカラオの覚悟の物語。

ナルシシズムから解放されたアマテラスの物語

怒りと哀しみにとらわれた状態から、愛の技術を学ぶまでの物語です。

来年の安部塾は、とてつもなく明るくなりそうです。

2017年12月13日水曜日

今日は新宮町商工会へ行ってきました

今週月曜日の香椎税務署の消費税講習会に続き、新宮町商工会に行ってきました。


いただいた資料

商工会の会員申し込みしてきました。

理事会通るかな(笑)。


で、帰り道、ふと思いました。

「そろそろ新宮町に、塾つくろうかな(賃貸で)」

物件探してみようかなとかいう気になっています。


泊まり込みで身体操作を学べる場所。

できたら面白そうでしょ?


ニーズあるかな(笑)。


2017年12月12日火曜日

1月7日(日)薬院校で「足と股関節の講座」を開催します。

1月7日(日)に、薬院校で足と股関節の講座を開催します。

→ 詳細

足関節・膝関節・股関節の連鎖

一般参加者さんのリクエストに応える企画です。

美しい足は、美しい姿勢と動きを支えてくれます。

足関節・膝関節・股関節の連鎖

足関節からの連鎖を理解することで、股関節の状態を良好に保てます。

御参加、お待ちしております。

2017年12月11日月曜日

足先(足ゆび=趾)からの開脚・前屈・後屈

■12月17日(日) の東京集中講座で、

16:30~18:30【集中講座 E】開脚・前屈・後屈

を、解説します。


安部塾の開脚・前屈・後屈では、足先の動きを重視しています。

足ゆび(趾)の屈曲・伸展
よくある定番ネタですが、

足の母趾の使い方と足底アーチ
安部塾では、2・3・4趾を使います。


開脚時に足先を操作することで、安全性を向上させることができます。

股関節の屈曲(体前屈)時や股関節の伸展(体後屈)時も同様です。


体を動かすときは、筋肉連鎖に従う必要があります。

筋肉連鎖
体の動かし方には「型」があります。

型を学ぶことで、日常の動きが楽になります。


御参加、お待ちしております。

2017年12月10日日曜日

12月15日(金)~17日(日)の東京集中講座の内容について~身体操作とメイクアップ

12月15日(金)~17日(日)は、東京集中講座です。

→ 詳細

今回も、身体操作法の講座とメイクアップの講座です。

竹宝堂のZシリーズ持参します。

竹宝堂 Zシリーズ

あまりの肌触りのよさに、体調が良くなってしまうというレベルの逸品です。


身体操作IBUKIは、立位・膝立て位にこだわった解説をします。

足のゆびの細かな使い方からの全身の筋肉連鎖を理解してもらいたいと思います。


御参加、お待ちしております。