2017年8月23日水曜日

壊れた脳機能が、正しい運動でよみがえります~痛みと脳。努力の方向を、優越することではなく、人とふれ合う方向に。

度重なるストレス反応で、暴走する扁桃体と萎縮する海馬。

扁桃体と海馬

腰痛や肩こりをはじめとする、身体の痛み。

うつ状態と記憶障害。

壊れた脳を、一体どうやって回復させればよいのでしょうか?

コーピング? マインドフルネス?


現代の二大潮流です。


安部塾では、「正しい運動」を提案します。

脳機能レベルが高い=頭がいい状態をつくれるように、プログラムをつくります。

幼少時に壊された脳に対しても、正しい運動は好影響を与えます。

世界各地で、実証されている通りです。


進化の歴史を学び、私たちが獲得してきた身体機能を理解することをお奨めします。

なぜ、手が生まれたのか?

なぜ、横隔膜が生まれたのか?

なぜ、授乳するようになったのか?

なぜ、胎生になったのか?

なぜ、白目があるのか?

なぜ、言葉を使えるようになったのか?

さまざまなことを学ぶ中で、脳機能がよみがえっていきます。


すべての身体機能は、愛し合うために発達してきました。

私たちホモサピエンスは社会的生物であり、孤独になると心身を壊してしまいます。

「ひとりぼっち」だから、身体のあちこちが痛いのです。

孤独感で脳が壊れてしまったことが、さまざまな身体の痛みの原因なのです。


どんなに周りに人がいても、そこに愛がなければ孤独です。

愛されているという実感がなければ、ストレス反応は止まりません。

ひとりぼっちで自分を見つめて、データ上だけ改善していても、止まりません。

私たちは、愛されないと成長できないのです。


愛されるためには、優越しようとすることや、変わったことをするのをやめる必要があります。


劣等感がなくなる方法

人は劣等感を乗り越えるための努力で劣等感を深刻化する。人は劣等感を乗り越える心の姿勢で根本的な間違いを犯す。

劣等感を解消しよう、解消しようとして逆に劣等感を深刻化していく。劣等感は劣等感の上に積み重なる。そして劣等感が心の中に山積みになる。

屈辱感を乗り越えようとして「オレは凄いんだ」と言っている人が居る。その場を何とか心理的に治める。

しかしそれはなんの解決にもなっていない。それはカレン・ホルナイの言う神経症的解決である。真の解決ではない。

過去の屈辱感が「優越したい」と言う願望を生む。人は優越することで、心の葛藤を解決しようとしている。

優越することで心の葛藤を解決しようとすると、どうしても普通の人よりも生きる障害が多くなる。

たとえば自分が優越することの障害になる人が出てくる機会は普通の人より多い。そしてその人を許せない。

自分の神経症的要求を妨害する人が許せない。

努力の方向が優越することから、人とふれ合う方向に舵を切れるかどうかが、その人の幸せと不幸の分かれ道である。

「私たちという感情」を持つように舵を切れるかどうかで生きづらさは違ってくる。

深刻な劣等感で生きることが辛い人は、今までの不幸な歴史を検証することが先決である。

自分への失望に気がつき、視野を広げることができない限り、幸せになることは出来ない。

生まれてから受けてきた様々な自分に対する否定的メッセージに気がつくことである。

その自分に対する不当な否定的メッセージを乗り越えることが先決である。

人と心がふれあうことで劣等感は解消できるのに、劣等感を解消しようとして逆に相手に優越しようとする。

だからこそ劣等感のある人は、努力するにもかかわらず劣等感がどんどん深刻になる。

劣等感は依存症である。

アルコール依存症の人は、アルコールを飲めばその時には一瞬楽になる。しかし問題は解決していないどころか、深刻化している。

深刻な劣等感のある人は競争に勝てばその時にはほっとする。その時だけは楽である。しかし心の葛藤は深刻化している。競争に勝っても負けても劣等感は深刻になっている。

アルコール依存症の人がアルコールを飲まないではいられないように、劣等感の深刻な人は優越しようとしないではいられない。

しかし優越しようとすることは人との心のふれあいをさらに難しくする。

優越できなければ、不安になり自分の独自性の強調になる。人と違ったことをして他人に自分を印象づけようとする。

不安になれば不安になるほどほど、競争心が強くなり、優越できなければ変わったことをして人に自分を印象づけようとする。

自分は「変わっている」ということで世の中の普通の基準で評価されることから逃げる。

ただの我が儘を「私、平凡な生き方って好きじゃないんですよね」と芸術家や革命家を気取ったりする。

深刻な劣等感のある人は身勝手な自分のことを個性的と解釈しようとする。

夏に毛皮のコートを着て、ファッショの最前線であると気取るような人である。

深刻な劣等感から「変わっている」ことをして、それを個性と言い張る。

いずれにしろ優越することが「緊急の必要性」なのに優越できない。

そこで「個性的な自分」と言う自己像に固執する。現実の世界から想像の世界に逃避する。

そうして神経症的競争意識がますます酷くなり、ますます人と心のふれあいを失う。

人は他人に自分を強く印象づけようとして不安になれば不安になるほどほど、競争心は強くなる。

「註、Paul Gilbert*, Kirsten McEwan, Rebecca Bellew,

Alison Mills and Corinne Gale

The Mental Health Research Unit, Derbyshire Mental Health Trust, University of Derby, Derby, UK

The dark side of competition: How competitive behavior and striving to avoid inferiority are linked to depression, anxiety, stress and self- harm

Psychology and Psychotherapy: Theory, Research and Practice (2009), 82, 123-136

® 2009 The British Psychological Societ,P.124」

アルコール依存症の人がアルコールを飲み続けていよいよアルコール依存症が深刻になるのと同じである。

優越できても、優越できなくて独自性を強調しても、いよいよ劣等感は深刻になる。

独自性を強調できなくて「どうせ」とすねる人も出てくる。これらの心理の解説がこの本の目的である。

アルコール依存症の人は、自分がアルコール依存症であることを否定するが、心の底ではアルコール依存症であることを知っている。

しかし深刻な劣等感のある人は、心の底でも自分が依存症であることに気がついていない。

引用ここまで


正しい運動の基本は、「私たちという感情」で動けているかどうかです。

変わった服を着て、変わった動きをしているうちは、劣等感は解消できません。

他人に対して、自分を強く印象づけようとすればするほど、詰むことになります。

「触れ合う」という方向で動くことを選択しましょう。











40歳近くになってもまだ、「悪いのは他人」という人がいました。

誰からも相手にされず、疎ましがられ、避けられ、無視されていました。

人間関係は、トラブルだらけでした。

立ち直り方は提案しましたが、実行してくれそうにないので、あのままかもしれません。






そう。

嫌われる人は、相手の扁桃体を暴走させる人なのです。

好かれる人は、海馬の萎縮を止め、豊かにしてくれる人なのです。










私たちのすべての身体機能は、愛し合うために発達してきました。

その事実を認めることができれば、楽に生きていけます。

2017年8月22日火曜日

お金には属性がある~結局好きなことをすることが一番稼げる方法なんですよね。好きでやってるやつには勝てない~「あなただから頼みたい」

東京集中講座 201708

こちらの記事をお読みください。

【jMatsuzaki×F太】「お金にとらわれない生き方・働き方」をいっしょに考えてみない?




今後は、「あなただから頼みたい」がメインになってくると思うんですよね。

今って無数の選択肢があるじゃないですか。人間って選択肢が多くなるとものを選べなくなっちゃうから、身近なものなじみのあるものを選ぶようになる。

今後、身近な人からの紹介っていうのが一番自分の中で信用度が高くなってくるわけですよ。値段が安くてクオリティが高くて、、とかじゃなくて、「信頼できるあの人だから頼みたい」ってなるんだよね。

いくらクオリティが高くても、その人のことが信頼できなければ買うことはない。逆に少しクオリティが低くても、ちょいと値が貼ろうとも、 その人のことを信頼していて、応援したいと思えるなら、進んでお金を払える。



結局好きなことをすることが一番稼げる方法なんですよね。好きでやってるやつには勝てない。

お金って入ったときの属性と同じように出ていくと思っていて。グワーって入ってきたお金はグワーって出ていくんですよね。だからラクに稼いだものはすぐに出ていっちゃうんですよね。宝くじとか。

お金は属性を持ってやってくるので、使う側がすごく意識しないと流れていっちゃうんですよね。最強なのは、お金の属性を自分の中で変わられる人だと思う。



お金に換えられないことの一つは「信頼」だと思う。信頼を仕事の軸にする。信頼してる人にはいくらでもお金を払えるというか、お金払っても気持ちいいじゃないですか。

お金にとらわれない生き方って、ぼくは信頼に凝縮されると思ってるんですよ。

結局は仕事うんぬんというよりは、その人と一緒にいたいかどうかだもんね。

引用ここまで


そうなのです。

お金には属性があるのです。

※属性=事物の基本的な性質、すなわちその性質によって初めてその事物が可能となるような性質(本質)。


お金が出ていくときは、入ってきたときと同じ属性を持ちます。

逆に考えてみましょう。

お金の出し方次第で、お金の入ってき方が変わるということです。


安部塾では、「元をとろうとしない」ことをお奨めしています。

元をとろうとせずに旅立たせたお金は、お友達を沢山連れて戻ってきます。

「元をとろうとしない人たち」を通じて。

元をとろうとすればするほどに奪われる世界とは隔絶された世界です。


意味が理解できれば、お金の属性を変えることができます。

人間味がある人は、お金の属性を変えることができるのです。


難しいのは、劣等感が深刻な人たち……


脚光を浴びようとしてしまうのです。


「やさしさ」と「冷たさ」の心理より

甘えている人は、解決を求めていない。甘えている人は解決の意志がない。
 
よく悩んでいる人は皆自己中心的だと言われるが、実は悩んでいる人は皆甘えている人だと言っても良い。
 
悩みを通して隠された敵意を表現しているのであるが、同時に悩みは「甘え」の変装した姿である。
 
悩んでいる人は「私の気持ちを分かってください」と言うことである。
 
「私の悔しい気持ちを分かってくれ、不満な気持ちをくみ取ってくれ」と言うのが甘えである。
 
自分がこうしたら、周囲の人はこう反応して欲しいと言う要求を強く持っている人が甘えた人である。
 
自分が望む反応が周囲の人からかえってこないときに、怒りを感じるのが甘えである。
 
甘えは傷つき易い。甘えは自信のなさを表している。


小さい頃に親から積極的関心を持たれた人は、大人になってそれほど脚光を浴びたいとは思わない。

それは甘えの欲求が満たされているからである。

しかし関心を持たれないで成長した人は脚光を浴びたい。

そして脚光を浴びられなければ、そこに憎しみや怒りが生じる。

なぜ社会的に立派な人が、時に人間的に問題があることがあるのか。
 
それは社会的に立派である人が、甘えることが許されない環境で成長したからである。あるいは甘えを排除して成長してきたからである。

こういう人の最大の問題は人を信じることが出来ないと言うことである。

引用ここまで


悩み相談をしてみれば3秒でわかります。

悩んでいる人たちは、みんな自己中心的です。

脚光を浴びようとします。

親に愛されて育った人たちは、脚光を浴びようなんて思いもしません。


小さい頃、十分に愛された者は、甘えの欲求が満たされて、自分を信じて独り立ちできる。周囲の人の反応に自分の感情が左右されることはない。


ということです。


自分を信じれるまで、深く深く愛されることが最優先です。

甘えの欲求が満たされていないと、やることなすことが裏目に出てしまいます。


たっぷりと愛された人は、信頼される人に成長します。

お金を払わせてください的な人になるのです。

「ずっと、あなたと一緒にいたい」と、心から慕われます。

信頼に凝縮されるということは、そういうことなのです。


東京集中講座 201708

いま現在、誰からも愛されていない人は、どうすればいいのでしょうか?

安部塾では、「進化(人は、どう進化して人になったのか?)」を学ぶように奨めます。

人は、身体機能のすべてを、「愛し合う」という目的で進化させました。

その事実と、眼と言葉と身体言語の意味を理解できた時、運命の歯車が回り始めます。


誰からも愛されていないとき、無為に時間が失われていきます。

ミヒャエル・エンデ モモ
時間泥棒です。





「誰からも愛されてないの?」

破壊力抜群です(39:41~)。

「誰からも愛されてないの?」

大切なことなので、2回書きました。


愛されてないんですよね……意外と。


9月に、「脳と言葉」をテーマに解説します。

お楽しみに!!

2017年8月21日月曜日

8月26日(土)神戸集中講座と9月24日(日)薬院校集中講座の御案内

安部塾東京 201708

安部塾東京201708
今月の東京集中講座も、好評のうちに終わりました。

姿勢改善効果絶大でした。


神戸でも、安部塾的解釈によるピラティスの動きの解説をいたします。

■8月26日(土) ☆神戸集中講座 → 詳細

姿勢改善のヒントを得たい方……御参加、お待ちしております。


そして、さんのリクエストで、アレクサンダーテクニークの安部塾的解釈による解説をすることになりました。

■9月24日(日) ☆薬院校集中講座 → 詳細

教本はこちら。

アレクサンダーテクニーク完全読本
→ アレクサンダーテクニーク完全読本

御参加、お待ちしております。


ちなみに、来月の東京集中講座も、金曜日入り(夜レッスンあり)となります。

9月8・9・10日(金・土・日)→ 内容調整中

安部塾集中講座は、内容に関係なく参加することをおすすめいたします(笑)。

2017年8月16日水曜日

8月18日(金)~20日(日)と9月9(土)~10日(日)の安部塾@東京 集中講座の御案内

今週末の東京、お待ちしております。

★8月18日(金)~20日(日) 安部塾@東京 集中講座

お盆集中講座 2017

お盆集中講座 2017
そして、すぐに9月9・10日(土・日)の安部塾@東京 集中講座がやってきます。

内容は、原点に還(かえ)って、『呼吸と姿勢』です。

■脊柱と姿勢(腹横筋・多裂筋~)
■肋骨と姿勢(横隔膜~)
■肩甲骨と姿勢(回旋筋腱板~)
■骨盤と姿勢(骨盤底筋~)

という感じで、呼吸時の身体の動きと姿勢について解説いたします。

呼吸

呼吸と肋骨

安部塾では、呼吸=姿勢と考えています。

呼吸の大切さは、参加者たちの劇的な姿勢改善ぶりを見れば一目瞭然です。


御参加、お待ちしております。

いいことをしたり、頑張ったりした後は、自分に甘くなってしまいがちです。宣言しない方がいい理由。

Twitterより





同感です。


今日は、このTweetが気になりました。



モラル・ライセンシングとは?

「善いことをしたら、その後、自分に甘くなる」

「頑張ったら、その後、自分に甘くなる」

いわゆる、「一歩進んで、二歩下がる」という状態です。


この本を、ご存知でしょうか?


https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4479793631/jmatsuzaki-22/



 私たちはいくら自分のためになることでも、他人からそれを押しつけられるのには抵抗を覚えます。それと同じで、正しいことや自己改善を行なうために自分自身にルールを課そうとすると、コントロールされたくないと思っている自分がただちに抗議の声を上げます。

 モラル・ライセンシングのワナにはまらないようにするには、「ありのままの自分が最高の自分になることを望んでいる」のだと、そして、「自分自身の価値観に従って生きていきたい」のだと、しっかり自覚する必要があります。

引用ここまで


なぜ、「一歩進んで、二歩下がる」ようになってしまうのかが解説してあります。


私がよく、「宣言しない方がいいですよ」と言っている理由でもあります。

宣言するということは、自分自身にルールを課す行為です。

コントロールされたくない自分が、そうはさせません。

結果、何もかもうまくいかなくなります。


モラル・ライセンシングについて、今週の東京と来週の福岡の塾生講座で解説します。

2017年8月15日火曜日

真っ直ぐに前を見て、首の後ろを伸ばす~~信頼される態度とは?

薬院校お盆集中講座、無事に満了いたしました。

今日も、みっちり盛り盛りで解説しました。

お盆集中講座20170815 プラスチックボールを使った首の後ろの解放 肩甲上腕関節屈曲

みんな、美しい姿勢・美しい顔になりました。

私はと言えば、夜な夜な連日のお茶会で電池切れというかガス欠状態(笑)。

かえって、程よい勢いに弱まったので、ちょうどよかったそうです。

初日のテンションで5日間やってたら、それはそれで面白かったかもですが。


終了後のお茶会で、今後の私の活動スタイルについてのお話をしました。

朝の記事にも書きましたが、今後は「楽しい話」をすることにします。

お盆集中講座の裏テーマである、「真っ直ぐ前を見る」ということ。

それはすなわち、他人の悪口を言わないということを意味します。


さっきTwitterを見たら、タイムリーなTweetが。



「治したい」ということは、「腰痛」を「敵」「いやなもの」「邪魔なもの」と認識し、排除したいということだからです。

「症状」は自分の一部なんです。
できれば「好き」になってもらいたい。
それがムリでも「嫌ったり」「邪魔者扱いしたり」「敵」だと思わないでほしい。
それは自分の一部を嫌うことでもあるから。

自分が自分の一部を嫌う。
それは、自分をとりまく世界の一部を嫌うこと。
それが争いにつながるのではないか?

私の大好きなアドラーは、戦争から帰ってきてから、
「共同体感覚」という概念をつよく打ちだしたそうです。
戦争をなくすために必要なのは、政治や活動ではない。
「育児」や「教育」を通じ、一人一人の心から「争い」をなくすことだと。

自分の心から「争い」をなくすことが「世界の平和」につながる、なんてピンとこないかもしれません。

だけど、私はそう信じています。

引用ここまで。





ここ数日、いろいろ反省することがありました。

振り返ってみて、他人を否定して得をしたことは、一度もありません。

何の得もないことを、49年間も続けていたわけです。

愚かすぎて、哀しくなります。


楽しいことを語ることの方が、ずっとみんなの得になります。

もちろん、私自身の得にもなります。

だから、そろそろ覚悟を決めて、その方向で知識を活用することにしました。

ちょうど、終戦記念日なので、私の49年間に及ぶ戦争も終わらせました。






明日からの私が心に刻むキーワードは、「信用」「信頼」です。

参考サイト 

→ 「信用」と「信頼」の違いをご存知ですか?

→ 「信頼」を得るためには?

「信頼されやすい態度」を列挙すると山のようにありますが、今回は大きく2つのキーポイントを挙げておきましょう。

ひとつは「背筋を伸ばし、堂々とする」ということです。背筋を伸ばす、ということがポイントです。猫背になっていたり、身体がフラフラしたりしてはいけません。ただ、堂々としすぎるとエラソウに見えてしまうので、バランスが大切です。

引用ここまで


私のことを好いてくれる人たちを喜ばせることに専心いたします。

真っ直ぐに前を向き、首の後ろを伸ばして。

あなたを嫌う人を気にしすぎず、あなたを好きな人をさらに喜ばせるよう頑張りましょう。

http://yakb.net/man/256.html

http://yakb.net/man/256.html




● 悪口を言う人のことを気にする必要はない。
● なぜなら悪口を言うことによって下がるのは「本人の評判のみ」だから。
● それを気にする時間があったら、新たに「喜び」を与えるよう行動しよう。
● また「楽しい話」をした方がモテる!

引用ここまで


今日は、お盆集中講座の最終日です。

昨日までの講座終了後、毎日、参加者さんたちとお茶しました。

今日も、希望者とお茶しに行こうと思います。

お盆集中講座後のお茶会のテーマは、ゆうきゆう先生のTweetそのものでした。


孤立してしまう暗い人たちに共通している要素。

それは、「人の評判を落とすために悪口を言う」ということです。

そして見事に、本人の評価がダダ落ちします。

恐ろしいのは、落ちれば落ちるほど、悪口を言うようになることです。






ほんとに、そんな暇があったら、自分を好いてくれる人たちを喜ばした方がいいと思います。