2018年7月5日木曜日

人は「正しいかどうか?」では動きません~自分の心の問題を、他人を巻き込んで解決しようとしないこと。

「正しさ」と「正しさ」がぶつかれば、争いが起きます。

「戦争は、それぞれの正義のぶつかり合い」です。

自分が正しいと考えていることを、他人に押しつける人がいます。

当然、対人関係は破綻します。

破綻すればするほど、自分の考える「正しさ」を他人にぶつけます。

その結果、自分の破綻に気がつくことができません。


空気が読めない人は、話の流れを追えません。

なので、自分の基準のみでお話をします。

当然、相手は不愉快な気持ちになります。

「こんな人間とは付き合いたくない」と判断されます。


「誰も、あなたの意見なんて求めてませんよ」と、心の中で呟きながら距離を置きます。

付き合うメリットなんて、微塵もありませんから。


人は、そうするとメリットがあるからそうするのです。

「したいからする」のであって、正しいからするわけではありません。




めんどくさい人は、正しさを盾に、自分の問題に他人を巻き込もうとします。


Twitterより
あるあるです。

「お前が言うな!」的なね。


自分の心の問題を、他人を巻き込んで解決しようとしないこと。加藤諦三

ですね。

「かまってもらいたい」これが原点です。加藤諦三

で、かえって疎ましがられるという展開に。


というかね、もし正しかったとしたら真似されるはずなんですよね。

ほら、好きな人のことは真似したくなるじゃないですか。

それをやることでしあわせを感じれるなら、真似されるのです。

真似してもらえない時点で、詰んでるんですよ。


「誰も、あなたなんかに何の興味も持っていないのですよ?」

心の中でそう呟かれながら、距離を置かれていくことが「正しい」とは思えません。


自分の心に問題を抱えている人(自己肯定感情が低い人)ほど、正義で他人を攻撃します。

他人を正義で攻撃したところで、自分の心の問題は1ピコも解決しません。

めんどくさい人認定されて終わりです。

それさえ気がつけない展開になりがちですが。


正解がある世界では、「正解とは何か?」を考える方がいいと思います。

しかし、正解がない世界では、そうしない方が賢明です。