2018年7月26日木曜日

8月3日大阪・4日神戸の集中講座について

遅くなりましたが、関西集中講座の御案内です。

■8月3日(金)大阪集中講座 → 詳細

■8月4日(土)神戸集中講座 → 詳細


大阪は、こんな感じです。

ストラップを使用して、気持ちよく安全に筋肉と関節の機能を改善する(大阪予定)。

ストラップを使用して、気持ちよく安全に筋肉と関節の機能を改善する(大阪予定)。
気持ちいいですよ。


神戸では、フットプリントにペンでマーキングして、詳細な情報を得るテクニックをやります。

安部塾ならではのカキコミが楽しいと思います。

そして、眼筋→後頭下筋群→その他の棘筋→全身の筋肉のつながりと解説と実技やります。

アイックスでおなじみの、輻輳(ふくそう)眼球運動=両目が同時に内側を向く目の動きをやります。

みきにゃんかわゆし

正視眼で斜視のない人が無限遠の物体を見るとき,両眼の視線は平行であるが,近距離にある物体を見る場合には,両眼の視線がその上に向って集る。この機能を輻輳という。輻輳の単位はメートル角で,注視点までの距離をメートルで表わした数値の逆数で示す。たとえば,眼前 0.5mの距離にあるものを見るとき,両眼の視線がはさむ角は2メートル角になる。両眼の輻輳の程度に応じる眼筋の緊張の変化は,奥行知覚の一つの手掛りになると考えられている。出典~ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

で、輻輳の機能がよくないと、楽に動けません。

※詳細は、小松先生の講座に出てください(丸投げ)。


眼の訓練と脚の訓練は、安部塾身体操作技法には欠かせません。

下手すると、頭の位置を直すだけで、数時間を費やしたりします。

優しい人の頭部は中立位にあります。

正しい眼と足は、優しさの基本です。


関西集中講座に御参加ください(と、なんちゃんが申しておりますw)。