2018年7月20日金曜日

嫉妬は受け身の攻撃性です。受け身な人ほど文句が多い。自己隣欄も受け身の攻撃性です。

加藤諦三先生の言葉

嫉妬は受け身の攻撃性です。
受け身な人ほど文句が多い。
同時に自己隣欄も受け身の攻撃性です。

神経症的な人は喪失体験を恐れ、愛の保証を必要とする より

不安なものは相手が自分を排他的に愛することを求めているのである。
 
したがっていつも嫉妬している。
 
カレン・ホルナイは次のように書いている。
 
The motto is, メYou must love me exclusively.モ 不安なものにとって相手が他の人間ではなく自分を愛しているということが重要なのである。それによって安心感を得ようとしている。他の人間なんかどうでもいい、あなた[だけ]が好きなのだと言われることが重要になる。
 
排他的ということが重要なのである。他の人間よりも自分の方が素晴らしいということを相手が保証してくれることが宣要なのである。それは不安なものが自分に自信がないことを表している

あの人[よりも]あなたは素晴らしい、あの人よりもあなたの方がずっと素晴らしいと言われて安心するのである。自分[よりも]あの人は素晴らしくないと、相手が言ってくれることが不安な人にとって重要なのである。
 
神経症的な人は失うことをいつも恐れているから、いつも愛の保証を必要とする。あの人[よりも]あポたの方が素晴らしいという言葉は、この失う恐れをやわらげてくれるのであろう。あなたは他の人[よりも]私にとって価値がある、そう言い続けてもらいたいのである。

引用ここまで

こちらの記事も、お読みください。

→ 受け身なのに攻撃的な問題児 あなたの職場にもいる「パッシブ・アグレッシブ」とは?

→ あなたの周りにも潜む?受動攻撃性パーソナリティ障害【PAPD】

→ 人間関係でも面倒なタイプの「受動的攻撃」に対処する5つの戦略


自信が持てない人は嫉妬します。

そして、受け身的なやりかたで攻撃感情を表現して、あてつけや抵抗を示します。

こうなると、他者を非難して文句を言うという状態に陥ります。

そして、その状態で安定します。


対人関係が悪化します。

しかし、本人は自分が受動的攻撃行動をしているという自覚がありません。

いろいろうまくいかないのですが、その原因が自分の受け身の攻撃性だと理解できません。

嫉妬していたら、まず間違いないのですが。


仕事や社交で受け身的で否定的。

まわりの人たちは、その人と交流するのがかなり大変だとすぐにわかります。

その人は無意識に敵意を感じていますが、その敵意を直接に表現できません。

なので、受動的に抵抗しています。


これが、「隠された敵意」です。

これがある限り、何をやっても改善はしません。


今夜の安部塾東京塾生講座は、この解説をします。