2018年6月19日火曜日

「明るい」ということ~脳のリソースを余計なことに使わない~仲の良い味方を批判するということ

阿寒湖のこまっちゃん

今回の北海道の旅で、「明るいということ」の素晴らしさを実感しました。

同時に、「不機嫌であること」の問題も。


旅の途中、こまっちゃんと「吉祥寺のお初のときは、ほんとに暗かったよね」って話をしました。

いまでは、ほぼ終始いい笑顔です。

こまっちゃん facebook

「人は変われる」って、体現していると思います。










私は、体調が良くない人の意見を信用していません。

そもそもの認知が歪んでいることが多いからです。

認知が歪んでいなければ、体調が良いはずです。

精神状態もね。


良くないってことは暗いのですよ。

自分の暗さって、自分では気づきにくいものです。

鬱陶しがられたり、ウザがられてたら、暗くなってるものです。

暗いと、余計なことばかり考えて、余計なことばかり発言するようになります。


物事の解釈が暗すぎて、ムードブレイカーと化してしまうことになります。


脳のリソースを、余計なことに使うのは賢明ではありません。


そして、私は、仲の良い味方=好きな人をよく批判します。


敵を批判するのは脳のリソースの無駄遣いなのでしません。


相手の問題を解析して説明するのって、おそろしく時間と体力を削られます。

その割に、得られる成果はわずかです。

本人が変わろうと決心した程度にしか変わらないからです。

それでも、数年間お付き合いが続けば、笑っていられる仲になります。


ベースが「憎しみ」と「怒り」の場合、道のりはかなり厳しくなります。

が、足掻き続けていると、意外と何とかなるものです。


「明るいということ」は、とても素晴らしいことだと思います。


そして……

私がその人を変えたり、何とかしようとする必要はありません。

さっさと距離を置くべきなのです。