2018年6月11日月曜日

コミュニケーション能力とは、話を聴くことができる力・所作を真似る力

コミュニケーション能力があると、明るく楽しく生きていけます。

ヒトという有機生命体は、仲間同士で協力し合って生き延びるという特徴をもっています。

相手の話を聴けない人は、相手と協力することができません。

相手の所作を真似ることができない人も。

トラブルメーカーさんや孤立屋さんには、相手を操作・支配しようとする特徴があります。

相手を自分の思い通りに動かせる・変えることができると、本気で考えていたりします。

この世において、最も暗い考えは「相手を操作しよう・変えよう」です。

当然の帰結として、人生のすべてが暗くなります。

とはいっても、暗いのがデフォルトなので、当の本人は暗さを自覚することができません。

まわりにいる人たちも操作系なので、それが当たり前だと勘違いしています。

ナルシシズム(うぬぼれ)と劣等コンプレックスをこじらせた結果です。

他人を操作したい・変えたい人は、協力関係をつくれません。

せいぜい支配服従関係か主従関係がつくれるくらいです。

動機のすべてに、憎しみと攻撃性が絡みます。

嫉妬は、すごくわかりやすい攻撃性です。

心配も、すごくわかりやすい憎しみの念です。

嫉妬と心配に生きている人たちを数秒観察すれば、暗すぎるのはすぐに認識できます。

暗すぎて、コミュニケーション能力が存在しません。

現実・事実に基づかずに、自分の考えに基づくために、あらゆる面で破綻します。

が、やはり、自分で自分が破綻していることには気づきません。

気づいてるように見える人も、よくよく観察すると、見当違いの自己分析をしています。

何の問題もそうなのですが、問題の当事者は、何が問題なのかがわからないゆえに、問題を引き起こしているのです。

自覚できるくらいなら、はなから問題は起きないのです。

面白いことに、トラブルメーカーさんや孤立屋さんは、アドバイスしたがりです。

というより、アドバイスしていないと心の平穏を保てません。

いえ、アドバイスしていても保ててはいないのですが(笑)。

アドバイスする仕事をしたがるのですが、圧倒的に需要がありません(笑)。

なので、やたらとキャンペーンをします。

自分自身の特性に問題があるという自覚がないので、セミナーを渡り歩きます。

どんどん泥沼にはまります。

需要がないのは、相手の話を聴けないから、相手の所作を真似できないからなのですから。

泥沼にはまると、事実を指摘してくれる人に突っかかります。

事実を指摘してくれる人は、関わってくれなくなります。

あとは、落っこちるだけです。

一見、うまくいっているように見えますが、それはうまくいっているように見せているだけで、実際は破綻しています。

破綻するほど、見かけだけは取り繕おうとするので、闇落ちが深刻化します。

……という展開にならないよう、相手の話を聴く力を身につけることをオススメしています。

相手の所作を真似ることができる能力も。

コミュニケーション能力があれば、明るく楽しく生きていけます❤️