2018年5月15日火曜日

足首をまわさないでください~足首がゆるんで不安定になっていませんか?

不安定な足首

安部塾では、「足首をまわさないでください」という解説をします。

骨と骨をつないでいる靭帯がゆるくなって、運動時の安定性が失われるからです。

代わりに、安定性を高めるために、靭帯の補強となる筋肉を鍛えます(筋力強化)。

下腿部の筋力をテストし、不足分をきっちり。

副次的効果で、足首が美しく引き締ります。


足首の不安定性は、つま先立ちをしてみればすぐにわかります。

ついでに、そこから膝を曲げることができれば、そこそこまともな足首だと考えられます。

また、片脚立ちで反対側の脚をスイングしてもわかります。

軸足(支脚)がビタッと停止できれば、そこそこまともです。


ゴルフ関係のトレーナーさんは、「足首のゆるさの弊害」をよく説いてくれます。

あ、登山もです(そもそもがハイカットブーツ履くくらいです)。


「関節の機能が高くて柔軟性が高い」ということと「関節がゆるい」というのは全然違います。

ハイパーフレキシビリティ(過剰な軟らかさ)といえば、カーターサインです。

※ハイパーモビリティの方がいいかも。

カーターサイン
関節が正常な動きをしている状態で適正な可動範囲があれば、身体能力が発揮できます。

関節が異常な動きをしている状態で不適正な可動範囲だと、ケガや故障をしやすくなります。

関節が異常な動きをしている人が足首をまわせばどうなるか?

結果が物語っています。


靭帯には、関節を保護して動く範囲を決める機能があります。

そして、固有受容器機能があります。

足首まわりの位置覚(位置情報を知る感覚)があるのです。

位置覚が狂えば、あとはどうなるかわかりますよね。


そういうことです。


最近のトレンドは、関節の位置覚を正常化するというものです。

きちんとテスト(評価)し、必要な動きを割り出して反復訓練します。

各関節には、その関節独自の機能があります。

その機能を理解して、機能通りの動きができるようにしましょう。


自分の骨がいまどこにあるのかを正確に感じることができるということ。

そして、その骨を意志通りに動かせるということ。

そんな訓練を重ねると、いろいろと改善します。

プロメテウス解剖学と身体運動学を手に、足首の機能を高めましょうw