2018年5月29日火曜日

7月8日(日)13:30~「首の解放」をテーマに薬院校ミニ講座を開催します。

7月8日(日)13:30~「首の解放」をテーマにしたミニ講座を薬院校で開催します。

→ 詳細

内容は、「頭部から動く」「脊柱を長く使う」です。

アレクサンダーテクニーク完全読本の「プライマリーコントロール」を参考に解説します。

アレクサンダーテクニーク完全読本

本は持っていなくても大丈夫ですが、素晴らしい本なので買った方がいいと思います。


「ただそうイメージする」だけで、「いらんこと」をせずに動作をつくる。

余計なことをすると、楽に動くことができません。

余計なことをやめると、楽に動けます。

この理由で、「やっている感がある動き」は「動けていない証拠」となります。


首が解放されていないと、脊柱が短くなってしまいます。

首が詰まるのは、「恐怖反応」「怒り反応」「不安反応」からです。

力学的に首を解放することで、これらの反応を消去するという解説をします。

首の解放により、頭部から動きをつくることができます。


首が詰まっている人たちによく見られるのが「思いあがり」です。

思いあがるの類語

うぬぼれたり、存在感を誇示したり、上から目線で説教したり……

そんな人たちの首を観察すると、壊滅的なのがすぐにわかると思います。


不健全なナルシシズム全開ですね(笑)。


というわけで、首を解放して頭部から動くテクニックを解説します。

御参加、お待ちしております。