2018年3月14日水曜日

地に足をつける~借りものではなく、自分で考える。

姿勢制御能力を爆上げする「踵骨と距骨の固定」。

踵骨と距骨の固定
地に足をつけるテクニックです。

立ち姿勢も歩きも、劇的に改善します。


私は、資格取得や認定が目的になるのは本末転倒だと考えています。

しょせん、借りものだからです。

借りものの知識や技術に、人はついてはきません。

そんなに甘くはありません。


自己紹介欄に、資格や認定の文字が躍っていたら、「不安が強い人なんだな」って思います。

本当の意味での人気はないんですよね。

孤独で空虚なのです。

そこには、何もない……からっぽなのです。


だから、自分を売り込みます。

そして、奈落の孤立地獄に堕ちていきます。


自ら考え、自ら行動してきた人たちは、資格や認定に興味がありません。

では、何に興味を持つのでしょうか?

「目の前にあるやるべきこと」です。

新田奈美子製作 「海幸彦の阿多隼人舞扇(下書き)」

他人に資料をつくってもらったり、ネタを提供してもらったりという次元ではダメなのです。

お面、衣装、小道具……自分でつくる中で見えてくるものがあります。

自分でつくらないと、見えてきません。

借りものではない、楽しく苦しんだ者のみに見える世界です。


で、地に足がつくと、自然と人気者になります。

満ちているからです。

明るいからです。

自分で考えて、自分で動くと、そうなります。