2018年2月16日金曜日

「休むのが怖い症候群」

頭部中間位置姿勢・頭部前方位置姿勢

「休むのが怖い症候群」のための、うつにならない休み方
~ 専門家は語る(筑波大学社会医学系教授 松崎一葉氏)【後編】~


■自己効力感(SE):自信や自尊心の度合いを表す

・SEが高い人・・・自分に対して自信があり、肯定的に見ている。上司から評価されなくても、「自分は自分」と泰然自若としていられるタイプ。できないことはできない、とはっきり言える。
・SEが低い人・・・自分に対して自信がなく、否定的に見ている。したがって他人から評価されることでしか、自分の存在意義を感じられない。おかげでついつい100%以上の力を出そうとしてしまう。

■自己統制感(LOC):物事を自分でコントロールしようとする度合い

・LOCが内向きの人・・・「物事は自分が頑張ればうまくいくはずだ」と感じる傾向が高い。したがって、失敗すると自分自身を責め、名誉挽回しようと前にもまして必死に働く。
・LOCが外向きの人・・・「物事は時の運も左右する」と考えている。


最初のちょっとした体調の変化が現れた段階で、無理にでも3~5日間くらい有休をとって休む。そうすれば、メンタルヘルス不全に陥るのを食い止めることができます。

引用ここまで


私、休まない症候群です(笑)。

心の安定のために何より大切なことは「休むこと」です。

人は疲労・疲弊します。

疲労・疲弊すれば、パフォーマンスが低下します。

高いパフォーマンスを維持するためには「休むこと=回復すること」が必要です。

私の課題は、「心を休ませること」なのです。


今日から、東京で「姿勢制御」の解説をします→詳細

姿勢制御においても、重要なのは「休むということ」です。

休むということの解説にも力をいれます。

御参加お待ちしております。