2018年1月12日金曜日

2月4日(日)に足の講座(フットプリントのとり方・読みとり方)を薬院校で開催します。

足の講座が大好評というか、須崎先生が大人気なので、足の講座(第3回)を開催します。

2月4日(日)09:30開講です。

→ 足の講座詳細

足の講座 須崎先生
前回の講座も、とても好評でした。

フットプリント

姿勢改善がうまくいっているかどうかの評価のひとつに足の接地があります。

足底は姿勢制御のための感覚器官ですので、足がどう接地しているかが重要になります。

フットプリンターでフットプリントをとり、読みとることで理解が飛躍的に進みます。

安部塾でも、今年から姿勢の評価法のひとつにフットプリントを加えることにしました。

指導者ではない一般の方も、フットプリントについて学んだ方がよいと思います。

自分の足がどのように接地しているかを知らずに生きていくのはもったいないからです。

また、自分の周りの人たちの足の接地状況を知ることも有益です。

お付き合いの仕方のヒントが、足の接地から読みとれるからです。


古来より、グラウンディング=地に足をつけることの大切さが説かれてきました。

地に足がつかずにふわふわしていると、心が落ち着きません。

自分の中心を見失ってしまうからです。

地に足がつくと、自分の中心を見つけやすくなります(センタリング)。


どうしたら理想的な足の接地ができるのか?

足の接地について考える時間にしたいと思います。


御参加お待ちしております。