2017年12月8日金曜日

薬院校開校3周年を迎えて~暗く沈んでいた人たちが、明るく浮上する場所~自分を愛したい人は安部塾へ

あっという間の3年間でした。

薬院校開校3周年記念パーティー

暗く沈んでいた人たちが、明るく浮上する場所。

それが安部塾です。

便宜上、私の名前を冠していますが、見ての通りの対等な人間関係を構築しています。

他人を変えたい人たち・褒められたい人たちは残りません。

自分と相手を愛したい人たちだけが残ります。

そんな、周りから見たらよくわからない場所が安部塾です。


特別な何かになる場所ではありません。

すごいことをやって、脚光を浴びる場所でもありません。

本来の自分に戻れる場所。

そして、残存能力を発揮するきっかけをつくれる場所です。



そして私は、永遠の少年です(笑)。

生ハゲ 「悪い子はいねーがっw」

愛されていない人・愛していない人は、自分を実際の自分以上に見せようとします。

その結果、生きる上でいちばん大切なものを失います。

失うほどに、実際の自分を否定します。

実際の自分を肯定できなければ、詰みます。


実際の自分を肯定できない人は暗いです。

その暗さが、さまざまな災厄を呼び寄せます。


実際の自分を肯定できる人は明るいです。

その明るさが、さまざまな福徳を呼び寄せます。


薬院校の玄関には、なでおかめ(阿多福)があります。

安部塾薬院校 なでおかめ

東京には、リアルおかめがいます(笑)。

リアルおかめ(阿多福)

自己肯定感情の大切さがよくわかります。


自分を愛したい人は安部塾へ(笑)。