2017年7月11日火曜日

一定の職業や財産を持たなければ、しっかりとした道義心や良識を持つことはできない。

恒産無くして恒心無し


貧乏になると諦める癖がつくで知った、田中太郎さんのTweetを読み込んでみました。























これ、身体の動かし方を変えない人や、痛みの仕組みを学ばない人も同じです。

諦めている人は、現状維持の方が楽なのです。


これは、視機能も同じです。

視機能と脳機能
網膜上にきちんとした像を結ぶことができない=見えないと、脳は処理を拒むようになります。

アイックスのパーソナルグラス装着による変化を拒む人は、現状維持を選ぶ脳の持ち主なのだと、私は考えております。

自発的に状況を変えれる人は、アイックスのパーソナルグラスの価値を、瞬時に理解できます。

視えていない人が頑固なのは、脳が現状維持を選択するからだと思います。

視えている人は、より良い選択をして、仕合せになっていけます。


同じパーソナルグラスを装着しても、その後の展開は人それぞれということになります。


また、これは「人気」にも言えます。

疎まれ、嫌われることに慣れて疲れてしまった脳は、好かれることを諦めてしまいます。

疎まれ、嫌われる人たちは、暗くて陰鬱なオーラをまとっています。

嫌われ過ぎて疲弊しきって低下した脳機能の結果なのだと思います。


お金なら、このテが使えるけど、

人気がない場合は、少し難しいかもしれません。