2017年6月30日金曜日

他人にほめられることを動機にした活動は続かない~すごい人たちと交流すること~「何か勘違いしてないか? お前はいてもいなくても変わらないモブだぞ」

自己顕示欲や承認欲求高い奴来いより

自己顕示欲や承認欲求高い奴来い

自己顕示欲や承認欲求高い奴来い

自己顕示欲や承認欲求高い奴来い


「何か勘違いしてないか? お前はいてもいなくても変わらないモブだぞ」

「何か勘違いしてないか? お前はいてもいなくても変わらないモブだぞ」

「何か勘違いしてないか? お前はいてもいなくても変わらないモブだぞ」

大切なことなので、3回書きました。

※モブ=モブキャラの略~脇役以下の端役・無名キャラ


私にとっての自己肯定とは、「いてもいなくても変わらない自分に満足していること」です。


こんなTweetがあります。


これ、ほんとにそうだと思います。

コミュニケーションの経験値をあげることで、自己肯定ができると思います。


昨日 、善玉菌ネタで、「うまくいっている人と触れ合うこと」の大切さを説きました。

細菌叢のバランス的にも、すごい人たちと交流するのは有益だと思います。





こんなtweetもあります。



安く叩く人が、後で良くしてくれることはありません。

安く叩く人=自己肯定できない人という説があります。

自己肯定できる人は、できるだけ多く支払おうとしますので、言えてると思います。

自己肯定できるメリットは多いので、支払いは色をつけて迅速にが基本だと考えています。


さて、本題に戻ります。

「何か勘違いしてないか? お前はいてもいなくても変わらないモブだぞ」

この言葉、救いになります。

他人にほめられたくて行動しているうちは、不安は消えません。

不安というより、不満が消えません。

いてもいなくても変わらないモブ状態のまま、主役級の扱いを受けると楽しいです。

もちろん、ただの無名キャラ扱いも楽しいです。

他者からの評価で一喜一憂することの愚かさを理解できればそうなります。

大切なことは、自分が自分のことを、どう感じているかだと思います。


他人をDisっても、自己肯定感は1㎜も高まりません。

むしろ、ダダ下がります。

1年中、他人を誹謗中傷することに時間を費やしている人を3秒観察すれば理解できると思います。

自分で自分を大切に扱わずに、他人をDisればDisるほど、奈落の底へ堕ちていくのがわかります。


自己顕示欲が強い人は、鬱陶しいだけです。

承認欲求が強い人は、めんどくさいだけです。

自己肯定感が強い人は、心地いいです。

すごい人たちはもれなく自己肯定感が強いので、一緒にいると心地いいです。


「何か勘違いしてないか? お前はいてもいなくても変わらないモブだぞ」

勘違いした時は、この言葉を思い出したいと思います。