2017年6月7日水曜日

舌と姿勢/唾液と口腔環境~7月2・9日(日)の薬院校集中講座

7月2・9日(日)の薬院校集中講座の案内ができました。

→ 7月の薬院校集中講座詳細

内容は、

舌と姿勢/唾液と口腔環境

■7月2日(日)
・舌の機能について
・舌と肺・横隔膜・長腰筋・骨盤底筋群・内転筋群・後脛骨筋・足底のつながりと姿勢について
・低位舌について(ダダオチ舌・ギザギザ舌など)
・低位舌の悪影響(眼・鼻・のど・アレルギー・免疫・うつなど)
・低位舌の改善法(舌の運動法・発声法・ガムなど)

■7月9日(日)
・口腔環境について(口内細菌バランスなど)
・唾液の機能について(抗菌作用など)
・唾液不足・粘々(ネバネバ)唾液の問題点~歯周病・筋肉系や循環器系への悪影響
・サラサラ唾液への改善法
・低位舌の改善法(舌の運動法・発声法・ガムなど)

舌と唾液

「唾液と姿勢に、いったい何の関係が?」

なんてことをテーマに、解説したいと思います。


体調が悪いときの唾液の状態と姿勢を観察してみたら、ヒントは得られるかと思います。

舌が低位に落ちているとき、人生もまたダダ堕ちしていたりしませんか?

舌は、上顎(あご)・頭蓋=姿勢だけでなく、人生そのものも支えていたりします。

良い舌が良い姿勢をつくり、良い人生をつくるのです。


奇抜なポーズを練習する以前に、基本的な舌の機能を取り戻すのが賢明だと考えています。

なぜだか、舌が低位なときほど、奇抜なポーズをしたくなるという傾向もあるようですが。


「まず、舌と足底ありき」だと、私は思います。


申し込みは、リンク先からお願いいたします。

御参加、お待ちしております。