2017年6月26日月曜日

緊張と腸~自分の周りの世界を信頼していないから緊張する

昨日の記事に対するコメント。

「緊張するとお腹痛くなるのはなにか関係があるの??」

これ、大切なことかもしれませんね。

腸は、第二の脳。

IBS(過敏性腸症候群

胃腸の身体的症状のみならず、めまいや頭痛、動悸、肩凝りなどを伴う自律神経失調症状や睡眠障害、不安、気分の落ち込みによるうつ病、イライラなどといった精神症状が現れることも多い。

その原因として、腸の運動を司る自律神経の異常による大腸を中心とした消化管運動の異常、消化管知覚閾値の低下、精神的不安や過度の緊張などを原因とするストレス、ライフスタイルのゆがみなど複合的な要因が指摘されている。また、元々神経質な性格であったり自律神経系が不安定であったりする人が、暴飲暴食やアルコールの多量摂取などを行ったり、不規則不摂生な生活、過労や体の冷えなどの状態に置かれた場合に症状が発生する場合がある。

また、最初は身体的理由(暴飲暴食など)が原因で下痢をしたものが、それにより人前で恥をかくという経験を幾度か重ねるうち、学習効果により人前で下痢をすること自体に異常に恐怖心を持ってしまい、長時間トイレのない場所や人目に触れずにトイレに入れないような場所に行くと不安障害の一種として下痢をするようになることもある。これはちょうど、乗り物酔いしやすい人というのが、乗り物酔いを何度か経験するうちに「また乗り物酔いするのではないか」という予期不安によって、乗り物に乗る前から意識がそれに集中してしまい、酔いやすい状態になるという、いわゆる「酔うと思うから酔う」現象に似ているともいえる。パニック障害などとほぼ同じ原理といえる。

近年、過敏性腸症候群(IBS)にはセロトニンという神経伝達物質が関係していることが指摘されている。セロトニンは、その約90%が腸内にある。ストレスによって腸のセロトニンが分泌されると、腸の蠕動運動に問題が生じ、IBSの症状が現れるとされている。腸は第2の脳とも言われるほどに脳と神経によって密接に関連しており、不安やストレスに対し脳からその信号が腸に伝わることで腸の運動に影響を及ぼす。この信号が過敏となり伝わりやすい状態になっていることで腸が過剰に反応する。ストレス信号を受けると、まず胃からセロトニンが分泌され、腸内のセロトニン受容体と結合し、腸の蠕動運動に異常をきたし、腹部の不快感、腹痛、下痢などを引き起こす。

引用ココまで


と、ここまでは、よく知られています。

問題は、なぜに緊張状態に陥るかということです。

最近、面白い説が発信されています。

「この世界を信頼していないから緊張する」

考えてみたら、その通りなのです。

この世界を、脅威と感じているから緊張すると考えるのが自然です。

腸は第二の脳ですから、恐怖のあまり機能障害に陥っているということになります。

脳からどんなに指令を出しても、自律的な意思を持っている腸は従いません。

腸が、自分の周りの世界を信頼できず、脅威と感じている限り、お腹が痛いという症状はおさまらないのです。


というか、脳そのものも、自分の周りの世界を信頼していないことが多いと思います。

周りの人たちを敵性と判断してから思考するため、おかしな解釈ばかりします。

見捨てられ不安を持つ人たちが問題行動を起こしやすいのと似ています。

信頼しない世界に対してひどい態度をとることで、ひどい扱いを受けることになります。


因果応報ですね。


腸を信頼し、世界を信頼しましょう。