2017年4月25日火曜日

他人を思い通りに動かそうとする(操ろうとする)人の末路と悲哀~素直にお願いする人の仕合せ

はーと

雪印メグミルク公式チャンネルさんの動画。




うまくいかない人は、思い通りにならない状況に陥ると、脳の扁桃体が興奮します。

そのまま暴走させれば、イライラしたり、悲しくなったりします。

闘争モード(攻撃モード・防衛モード)か逃走モードになります。

誰かのせいにするようになることもあります。


そして、自分の思い通りになるような要求をし始めます。

怒り・悲しみを感じたくないため、否定的感情を抑圧します。

まるで、警戒心が強い、おびえた子どもです。

こうして、他人を思い通りに動かすことしか考えないようになっていきます。


思い通りに動かされて(操られて)嬉しい感じる人は、ほとんどいないと思います。

怒りを感じるか、哀しくなるかの、どちらかでしょう。

類友の法則で、操られることを快感と誤認することはあるかもしれません。

操られてしまうと、心の奥底に相手への否定的感情が蓄積していきます。


相手を思い通りに動かそうとすると、感情的な障壁ができてしまうのです。

結果、距離がとられてしまいます。

障壁を何とかしようと、、更に強く相手を思い通りに動かそうとしてしまう。

あとは泥沼……相手と距離ができてしまうという悪循環に陥ります。


仮に、思い通りに相手が動いてくれたとしても、それはそれで悲劇です。

そもそも、相手が思い通りに動くという状況は、全然嬉しくなんてありませんから。

「ありがとう」の気持ちを感じることができないからです。

相手にとっても、犠牲を払うことは苦しみでしかありません。


やはり、距離をとられることになります。

孤独です。


また、思う通りに動いてくれる相手との関係は退屈です。

相手に魅力を感じれないので、自分から距離をとってしまいます。


悲哀です。


では、どうしたらよいのでしょうか?

「素直にお願いする」

それだけです。


操りたい気持ちを手放して、正式に依頼すればいいのです。

力づくで相手を動かしたい衝動を上回るくらいの圧倒的な可愛さで(笑)。

はーと

そして、思い通りに動かされそうになったときは、さらっと断ります。

断らずに従うと、要求がエスカレートするだけですから。

「私は、あなたの思い通りには動きませんよ」と、可愛く表明します。

ここで、自己の正当性を主張するのではなく、自分の無価値感と自信のなさをクリアしましょう。


「自分が正しい」と自己主張するのも、相手を思い通りに動かしたい気持ちそのものですから。

末路は泥沼です。


策を弄するれば弄するほど、不仕合せになってしまいます。


お互いに相手を思い通りに動かそうとしない関係は健全です。

健全な関係で満たされていれば、テクニックの必要性がありません。

素直にお願いするという態度をとれる人は魅力的です。

老若男女問わずに、モテてモテてしかたがないのがデフォルトとなります。


人気があるって、とても仕合せなことです。

自己の価値をしっかり感じて、自分を信じて生きていきましょう。