2017年2月27日月曜日

下関ヨガアナトミー集中講座「戦士の型」と体型。心の病気も、体の病気も、運命だけど決して負けではない。だから、病気や怪我で闘う人は「戦士」だ。「一緒にいるべきではなかった人」から離れた後は、その人の悪口を言わない。

昨日、下関でヨガアナトミーの解説をした。

戦士の型。

戦士の型
ウエスト76㎝切りで、体重78㎏・身長172㎝。

48歳のオッサンにしては、良好なデータだと思う。

安部塾では、体重を減らさないように指導している。

減らすべきはサイズだからだ。


戦士の型は、美しい体型と動きをつくるという点で秀でている。

(禿げているわけではない。私は禿げているがw)


機能解剖学を理解した上で戦士の型を演ずれば、驚くほどに体型が美しくなる。

戦士といえば、小池先生のこのツイート。


長谷川先生も、「運」だとおっしゃられてあった。

病んだからといって、負けたわけではない。


一緒にいるべきではない人と、心の距離・態度の距離をとることについて。


これは、僕の課題。


一緒にいるべきではなかった人に、拘泥していても仕方がない。

自分のレベルを上げていけば、付き合う人のレベルも上がる。

一緒にいるべきではなかった人のレベルにいる必要はない。

ただ、自分のレベルを上げていけばいい。