2016年12月6日火曜日

自分のことは、他人に任せず、自分で決める。自分の言動には責任を持つ。「自分さえ」と「今から」決別する。信頼をベースにした人間関係を築く。

先日の出雲リトリートで泊まった奥出雲多根自然博物館で、こんな本を買ってきた。

スイス人が教えてくれた
「がらくた」ではなく
「ヴィンテージ」になれる生き方

・お金に頼らない。本当の楽しみ方を身につける。

・家族や友人との時間を大切にする。

・必要なモノだけ、必要な分だけ買う。

・いらなくなったものは捨てずに再活用する。

・最初にしっかりした「あるべき姿」をイメージする。

・自分の健康は自分で守る。

・いつまで必要かをよく考えて判断する。

・自分たちでできることはやり、社会の無駄を省く。

・他人の評価は気にせず、自分に合うものを選ぶ。

・少々高くても、本当に価値のあるものを選ぶ。

・「時間とともによくなる」という感性を磨く。

・みんなのお金も、自分のお金だと思って判断する。

・今でなく、必ず未来のことを考える。

・本当に必要とされているところにお金をまわす。

・長期にわたるウインウインの関係をつくる。

・すべての職業を尊重する。

・自分が本当にやるべきことを見つける。

・自分のことは、他人に任せず、自分で決める。

・自分の言動には責任を持つ。

・お金で買収されないようにする。

・損得よりも、自由であることを優先する。

・長いものに巻かれない。

・最悪の事態を想定して準備しておく。

・自分たちのことは自分たちで決める。

・自分たちの命は自分たちで守る。

・自由のために、強い相手にも立ち向かう。

・一度約束したことは、徹底してやり続ける。

・自分だけの利益を考えすぎない。

・苦しい経験は、必ず新しい可能性を生む。

・「自由」と「自立」を守るには覚悟が必要。

・今日の判断が30年先に与える影響をイメージする。

・「なんだかいいな」という直感を大事にする。

・「自分さえ」と「今から」決別する。

・信頼をベースにした人間関係を築く。

・人と比較をせず、自分らしさを大切にする。

・お金から自由になる生き方を始めよう。

引用ここまで


いろいろ同感。

また、奥出雲に行こう。