2016年12月28日水曜日

理不尽なことを要求する人とはお付き合いしたくありません。「自分の嫌だと思うことは、人に対してもしてはならないこと」

「理不尽=道理に合わないこと」


親は理不尽なことを言う人だった。

学校も理不尽なことを要求されるところだった。

理不尽な要求に耐えることを学べと言われた。

断固拒否した。


当時、理不尽なことを他者に要求していた人たちは、みんな破綻した。

普通に考えて、そんなことをしていたら、誰からも愛されないのだから当然のことだと思う。


顔淵が孔子先生に、「一生守らなくてははらないのは何か?」を尋ねたところ、

「それは恕か。おのれの欲せざるところ、人に施すことなかれ」

と返事をした。


「まず許し合うことだ、そして自分の嫌だと思うことは、人に対してもやらないことだ」

人として、当たり前のことだと思います。



「自分の嫌だと思うことは、人に対してもやらないことだ」


大切なことなので、2回書きました。


「自分が好まないことは、他人に対してもしてはならない」


他人を変えることはできないが、付き合う相手を選ぶことはできる。

理不尽な要求をする人とは付き合いたくない。