2016年12月19日月曜日

無料でやらない理由~向上心がある(側坐核の機能が高い)人は、有料講座に嬉々としてやってくるから。

FBでシェアさせていただいた記事より。

普段は有料の工作教室を「無料」で開催した結果…思いもよらない事態に















萎縮した脳

僕も、無料が悪いと考えているわけでありません。

有料の方が、側坐核の機能が改善できると考えているだけです。

昨日、東京講座で解説した通りです。

マナーの良い、モラルに溢れた人は、有料講座に嬉々として学びに来るのです。


遠方から(笑)。


講師サイドになってみると、すぐに理解できます。

「あ、これは早く有料にしないと、クレーマーだらけになる」って。


面白いもので、クレーマー気質の講師は、なぜだか、無料キャンペーンとかやりたがります。

結果、クレームの応酬となり、教える・学ぶどころではなくなります。


多分、無料にした瞬間に、対等な関係が築けなくなるのだと思います。

対等でないと、クレームの嵐になり、荒れますから。


僕は、関係が対等でないと、楽しく学ぶことができません。

というか、学びたくありません。

楽しくないので。

楽しくない講座なんて、お金をいただいても出たくありません。


まあ、側坐核の機能が高い人は、有料とか眼中にありません。

楽しく学べる場かどうかが、判断の基準ですから。