2016年11月17日木曜日

孤独と体調不良~自意識過剰と承認欲求と自己顕示欲と

『エゴ(我執)の声』というものがある。

恐れと分離状態をつくろうとする、自分を守ろうとする自己防衛の声だ。

エゴ(我執)の声に従って生きていると、孤独になる。

ネガティブ(否定的)でダークサイド(暗黒面)だから。


自信がない人は、自意識過剰になる。

自意識過剰になると、承認欲求が強くなる。

承認欲求が強くなると、自己顕示欲が強くなる。

そんな人は嫌われるので孤独になる。


孤独になる。


大切なことなので、2回書いた。


自己顕示欲が強くなると、同じように自己顕示欲が強い人たちとつながる。

同気相求む・類は友を呼ぶから。

結果、つるんでいるのに孤独という状態に陥る。

だから、古代より賢者たちは「自己顕示欲を抑えよ」と教示してくれている。


ダークサイドに堕ちている人は、上から目線だ。

自意識過剰は、不安と恐怖の裏返しである。

自信のなさが逆に、「自分は特別である」という傲慢な心理状態を生み出す。

他人に対する言葉や態度が横柄になるのだ。


他人より自分を優位な位置に置こうとする。

他人との差別化を図ろうとする。

他人と、良好な関係を築くことができない。

他人と、コミュニケーションがとることができない。


忘れてはいけないことがひとつある。

『自意識過剰な人と、深いかかわりを持ちたい人はいない』ということ。

少なくとも、平和な日々を望む人は、自意識過剰な人を避ける。

自己顕示すればするほど孤独になる理由だ。


付き合うとめんどくさくなりそうな人と付き合いたがる人なんていないのだ。


言うまでもなく、孤独は体調不良の最大要因となる。

この理由で、自意識過剰だと体調が悪くなる。


大切なことは、自分の自信のなさを認めること。

不安と恐怖~恐れと分離状態をつくろうとするエゴの声に従わないこと。

謙虚であること(卑屈ではない~卑屈は傲慢さの裏返し)。

自己顕示に走らない=奇抜なことをしないこと。


エゴ(我執)の声に従うのをやめれば、その瞬間に、体調が良くなる。

孤独でなくなれば、さらに良くなる。

いつも書いているが、人間関係の改善と身体機能の改善は同時に起きる。

感情の解放と筋肉・関節の解放が同時に起きるように。


いなばのしろうさぎ

続きは、23日に舞さん宅で、文理さんの料理をいただきながら話そうと思う。

出雲で語らなかった、おおくにぬしのみことの話とともに。