2016年11月14日月曜日

「思考改善訓練をする気がないなら、安部塾なんて来なくていいですから」という舞さんの意見w ~「自分の愚かさに気づけば、悪縁は切れる!」

出雲大社 出雲結縁旅w
---------------------------------------------------------------

突然ですが、今日の午後、薬院校を開けます。

2016/09/14 予定
14:30~ 塾生講座(出雲結縁旅の報告・天然石を使った感覚改善訓練)

18:00~ グループレッスン(内容=参加者リクエスト)

19:30~ グループレッスン(内容=参加者リクエスト)

-----------------------------------------------------------------


安部塾では、「バカだからうまくいかないだけ」ということに気づいてもらいます。

まわりからの愛情を素直に受け取らないからうまくいかない。

そんな人は、『莫迦(ばか)=愚か』です。

賢くなるには、「文行忠信」です(出雲結縁旅参加者には解説済w)。


拗ねたり、怒ったり、泣いたりして、相手を操作しようとする。

そんな愚かなことをやめる『思考改善訓練』が必要です。


感情を利用して、相手を思い通りに動かそうとする。

莫迦(ばか)の極みです。


ちなみに、莫迦(ばか)について。

莫迦とは - はてなキーワード - はてなダイアリー

愚かなこと。馬鹿(バカ)と同義。昔は僧侶の隠語だったらしい。

語源に定説はないが、中国で仏典を漢訳する際に、無知や迷妄を意味するサンスクリット語の【moha】(モーハ)を音写して創られた語ではないかという説がある。また、「史記(秦始皇本紀)」の故事「鹿をさして馬と為す」に由来するという俗説が知られているが、鹿を「か」と読むのが大和言葉であることなどから、「馬鹿」は後に日本で創られた当て字と考えられている。

引用ココマデ


文=学問することの大切さ

行=実行することの大切さ

忠=誠実な心をもつことの大切さ

信=約束したことは必ず守ることの大切さ


少し考えてみましょう。


謙虚に学ばない人が、うまくいくでしょうか?

宣言ばかりして実行しない人が、うまくいくでしょうか?

裏切ってばかりいる人が、うまくいくでしょうか?

約束を反故にしてばかりの人が、うまくいくでしょうか?


うまくいくはずがありません。


わかりやすく説明すると、こうなります。


何もわかっていないことがわかっていない。

宣言したことすら忘れ、実行することなく、次々に宣言する。

値切る(相手の価値をディスカウントする)。

自己都合でキャンセルする。


そんな風に、まわりの愛情に感謝せずにエゴを押し通していたら詰みます。


昨夜、出雲旅の世話をしてくれた舞さんと反省会をしました。

「思考改善訓練をする気がないのなら、安部塾なんて来る意味がない」

そんなお話をしてくれました。

安部塾は一応『学校』なので、ほんとそうだなって思いました。


「内容を見てから、参加するかどうか考える」とか、

「参加費を見てから、参加するかどうか考える」とか、

そんな次元の気持ちで、参加するかどうか思案する。

ほんとは、そんな人ほど『思考改善訓練』が必要なのです。


薬院校を開校して2年。

ひとつだけ確信できたことがあります。

「継続して学んだ人は、ほんとうの笑顔になれる」

破滅・破綻脳=不平不満脳を、発展・成長脳に変えれた結果です。


出雲結縁旅

で、舞さんの言う通り、僕もこう思います。

「考えを改める気がないなら、来なくていいw」

だって、めんどくさいし、鬱陶しいんだもん。


先人たちが積み重ねてきてくれた知恵を伝えること。

僕たちの活動内容は、それ以上でも以下でもありません。

自分の浅知恵を貫きたいなら、そうすればいいです。

愚かさが何をもたらすか、身をもってわかるだけですから。


初日・二日目とやらかして、三日目に気がつきました。

「自分の愚かさに気づけば、悪縁は切れる!」

顔と財布は傷めたけれど、それ以上の気づきを得ました。

今後は、「考えを改める気がない人」なんて知りませんw


いや~

出雲・奥出雲、楽しかったな~