2016年9月17日土曜日

自分がされて嫌なことは、相手にもしてはいけません。指導する者自身の主張や行いが正しければ、命令しなくても人は従うものだ。反対に、正しくなければ、厳命したって誰も従わんよ(by孔子先生)。

昨日の身体操作指導者向け講座で、こんなことをお話ししました。

「よく学ぶ人に来て欲しければ、自らがよく学ぶこと」

「宣言されて途中放棄されたくなければ、宣言しないこと」

「値切られたくなければ、値切らないこと。安くあげようとしないこと」

「無料を求められたくなければ、無料を求めないこと」

「無断キャンセルされたくなければ、無断キャンセルをしないこと。

「安く見られたくなければ、安く見ないこと」

孔子先生の論語を読んでいると、そんなことを学べます。


自分がされて嫌なことは、相手にもしないことです。

孔子の思想 蔡 志忠, 野末 陳平, 和田 武司

「指導する者自身の主張や行いが正しければ、命令しなくても人は従うものだ。反対に、正しくなければ、厳命したって誰も従わんよ」


指導者というものは、「この先生の言うことなら黙って従おう」と思われていないと、お話になりません。

現在の自分が陥っている状況は、自分が他人にやっていることの裏返し。

そんな当たり前のことに気づかされます。

思いやりの心の欠如が、物理的な欠乏状態を招いているのです。


日常生活において、

「無料や割引を他者に求めないこと」

「約束を守ること」

「宣言しないこと」

「自分を実際の自分より大きく見せようとしないこと」

が、大切です。


そんなお話をしました。


あぁ、長崎孔子廟に行きたくなってきた(笑)。