2016年9月21日水曜日

陰陽らせんの動きの配布資料できました。

自分で言うのもなんだけど、よくできてると思います(笑)。

陰陽らせん動き配布資料

1940年代にアメリカで誕生した主にリハビリテーションなどで用いられる促通手技=PNF(Proprioceptive Neuromuscular Facilitation=固有受容性神経筋促通法)も紹介してみました。

欠陥のある神経筋機構は、筋力の低下・協調不全・筋の短縮・関節可動域の制限などをもたらします。

運動機能の異常を改善するのに、固有受容性神経筋促通法は効果的です。

いろいろと、安部塾的解釈になっていますが(笑)。



明日の下関と、今週末土・日の東京で、他流派の筋肉連鎖の考え方との違いなんかも解説します。

お楽しみに♪