2016年8月6日土曜日

赤ちゃんの動きと、嘘偽りのないありのままの心。

せき‐しん【赤心】

嘘いつわりのない、ありのままの心。丹心。まごころ。「赤心を吐露する」

昨日、赤心についていろいろ語りました。

赤ちゃんの動きを、単なる運動連鎖でやってもダメだと思います。

「赤ちゃん時代の未完の行為を完結する」

実際に講座に出た人にだけわかる世界。

生理的微笑みの力。

いらんことをしない。

余計な力をいれない。

丹心で動く。

そう。

丹心で動かないから、姿勢も体型も動きも崩壊するのです。

赤心を取り戻すための、赤ちゃんの動き。

動きだけを真似てみても、得るものは少ないです。

今日・明日の東京でも、熱く語ります。