2016年7月8日金曜日

「見た目」って大切なのです~見た目と健康状態と社会経済的ステイタス

こんな社会実験があります。



同じ子なのに、綺麗か汚いかで、こんなに対応が違います。


こんなドッキリも。



ですよね。


こんなまとめもあります。

→ ”恋愛~年収まで!?”人は見た目で『9割』決まるという現実

人物の第一印象は初めて会った時の3〜5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ている。

引用ココマデ


だと思います。


実際、姿勢と表情を改善した途端に、他者からの評価が向上してしまう人は多いです。

姿勢と表情

安部塾ではよく「皮脳同根」のお話をします。

皮膚=見た目を見れば、その人の脳の状態がわかるというものです。

「見た目は体の健康度合いや病状まで表す」と、よく言われます。

見た目と体内の老化を同時進行させるのは、「社会経済的なステイタスの低さ」や「うつ症状」などという意見もあります。


外界に直に接している肌の状態は、その人の内界の状態そのものなのだと思います。

そんなわけで、メンタルワークで脳の状態を改善するといいわけです。


人は、その人が話す内容より、その人の見た目で判断します。

それはとても自然なことなのです。


見た目を改善しましょう。