2016年4月5日火曜日

人体の動きを理解してプレーするとケガをしない~手が早いオトコはダメですよ(笑)

今日の大手門で、「身体の動きを理解することが大切ですよ」というお話をしました。


身体本来のバランスを崩してはいけないというお話をされているイチローさんの対談。

5:20~が、見どころだと思います。




「遠回りすることの大切さ」もですね。

「遠回りすることがいちばんの近道」なんですよほんとに。


『身体を理解すること』は、安部塾の基本です。

身体を理解せずに動くから、ろくな動きができないのです。

だから、まずは座学を徹底的にやります。

身体機能を理解できれば、動きの次元が変わりますから。


対談の中にもありますが、過剰な筋肉量は動きを悪くします。

運動連鎖を妨げない筋肉量が適切です。

同じように、過剰な関節の柔軟性も動きを悪くします。

螺旋(らせん)の動きを妨げない柔軟性が適切です。

関節の安定性と可動性

座学に意味を見出せない人の不調が好転しないのを、「それはそうだろうな」って傍観しています。

座学に打ち込んでいる人たちの好調ぶりを、「それはそうだろうな」って注視しています。

座学に打ち込むということは、身体機能を理解しようとすることです。

遠回りかもしれませんが、結局は最短の道となります。


今後も、座学に全力を注いでいきます(^^♪