2016年3月6日日曜日

「自分を大切にして、人間関係を良くするのが先だと思いますよ」

この仕事をしていると、体調不良の原因を身体に求める人が多いことがわかります。

むしろ順番が逆で、体調不良で身体が壊れている場合がほとんどだと感じます。

『学ぶべきは、身体の健康法より、心の健康の保ち方』ということで……

日野原 重明(ひのはら しげあき)先生 の名言

日野原重明さんの本

「外科手術や化学療法の発達した今日でもなお、最も大切な治療法の一つは、キリストの時代のごとく、『言葉による癒し』なのである」

「『余生をどう送りますか?』とよく聞かれます。私は『余生はありません』と答えます。100歳でも、いつでも現役だからです」

「地位や名誉は死ねばなくなる。財産も残したところで争いの種をまくだけですが、『ありがとう』のひと言は、残される者の心をも救う、何よりの遺産です」

「生きがいとは、自分を徹底的に大事にすることから始まる」

「自分のためにでなく、人のために生きようとするとき、その人は、もはや孤独ではない」

「心の良い習慣というのは表情やしぐさにあらわれる。人の顔つきも習慣なのですね」

「未知の世界に自ら飛び込んで、やったことのないことをやることによって、使ったことのない脳が働き出す」

「かつて自分ができなかったこと、やり残したことを、思い切ってやることが、「夢を叶える」ということなのです」

「自分以外のことに自分の時間を提供するためには、周りの人間から孤立して、自分だけの世界に閉じこもっていてはいけない。人々とともに生きる世界に自分を置き、周囲がいま何を必要としているのか、自分には何ができるのかを絶えず考えながら、毎日の生活を送る必要がある」

「なんと言っても、人が人に与える最高のものは、心である。他者のための「思い」と「行動」に費やした時間、人とともにどれだけの時間を分けあったかによって、真の人間としての証がなされる」

引用ココマデ


まあ、安部塾の日常ですね(笑)。

ポーズの練習より大切なことは、人間関係を良くすることです。

というか、ポーズの練習は、人間関係を良くするためにやるものです。

機能解剖学を学ぶのもそう。


スタジオやスクールを選ぶときは、人間関係が良いところを選びましょう。

体調が悪いときは、ついつい人間関係が悪いところを選んでしまいがちです。

一番わかりやすいのは、最高責任者が支配的・操作的かどうか?

拘束するような言動がみられるところは避けましょう。

きっと、劣等コンプレックスの塊みたいなところですから。


劣等感を過剰に埋め合わせしようとして、ポーズの練習に没頭するのは危険です。

自分のことを大切にして、周りの人も大切にしている責任者の元が安心です。