2016年3月22日火曜日

プロフェッショナル(専門家)の指導や知識は有料です

以前、【獅子舞】かいでん まさのりさんのブログの、この記事が話題になりました。

プロの知識と経験と時間をタダで求めないでください。「ちょっと」でも「がっつり」でも関係ない。

なんでプロが無償で惜しみなく、
持っているものを提供してくれると
思うのでしょうか?

ぼくには固定給なんてありません。

ひとつひとつのお仕事に対して
出演料や指導料をいただくのです。

無料で依頼する、とは
その報酬を奪うということなんですよ。

ぼくはこの仕事に携わって、今年で19年目になりました。
独立してからは6年目です。

自分で言うのもなんですが、
自力で6年食ってきたことに誇りを持っています。

パトロンもいないし助成金ももらったことないです。

今はやりのクラウドファウンディングにも
頼ったことはありません。

ぼくの頭の中にあるものは、
19年間に培った出演・指導・構成・演出・制作の経験。
6年間、フリーランスの演者として食うために必死こいた経験。

あらゆる経験が蓄積されて、今があります。

蓄積したものを対象に合わせて最適化して
言語化し、肉体化できるから
「プロ」として活動できるのです。

積み重ねた技術だけでなく、
アイデアを提供する時点で
「プロとしての仕事」が発生していると考えています。

ちょっとのことでしょ?
なんて思わないで下さいね。

あなたは、その「ちょっと」を考えられないんでしょ?
だからプロに聞きたいんでしょ?

あなたが聞きたいと思っていることを獲得するために
プロと呼ばれる人たちがどれだけの時間を費やしているか。

ということなのです。

ぼくは自分の時間を安売りする気はありません。
まして、タダであげる気はもっとありません。

ぼくが提供する時間は
知識×経験×実績×技術×人脈 の上に成り立っています。

お金に換算できない価値が
ぼくには宿っています。

ですから、かんたんに「ちょうだい」って言わないでくださいね。
言われてもあげませんけど。

引用ココマデ


同感です。


僕の仕事の商品は、僕自身の知識に基づく指導です。

メールやメッセージで、無料で知識を得ようとする方は、お断りしております。

お金さえ払えばいいんだろ的な態度の方も、お断りしております。

僕の御客様たちは、みな『真剣に学問を重ねたい方々』です。

自分だけの力ではわからないことを、お金を納めて学びに来られます。

無料で僕の知識を得ようとすることは、彼ら・彼女らに対する冒涜だと受け止めます。


以前も書きましたが、もう一度、はっきり書いておきます。

安部塾は、無料相談には一切応じません。

いままでも、これからも、ずっとです。


よろしくお願いいたします。

足の内返し・外返し