2016年2月9日火曜日

自分を良い方に変えたいのなら、尊敬できる人と付き合えばいい。

今朝、こんな記事を読みました。

自分がどんな人か簡単にわかる方法

付き合う人や環境で影響を受ける、

つまり、同じような人になってしまう。


自分の付き合う人を見たら、

自分が簡単にわかります。


自分好みの人に囲まれたいと思ったら、

自分の好き!を表現すること、

自分の嫌い!を言うこと、

自分の好みを相手にちゃんと伝えること、

されて嫌なことは、嫌です、って

言うことなのです。


それをしていないから、

自分好みじゃない人に囲まれるようになるのです。

最初嫌われても、長い目で見た時に、自分と波動が

合う人ばかりに囲まれた方が心地よいですものね。


なりたい理想の自分、というのがあるならば、

その理想の人と付き合うことが、一番早く、

その理想の人に近づいていきます。


叶えたいことの加速度を上げることも同じく、

叶えたいことを叶えている人と付き合うこと。

しかし、それは、お金とか捉えていることを目標にしないことです。

その人の人間性やビジネスの仕方、そして、

人とどう付き合っているか、そうした人間性を見た時に、

尊敬できる人と付き合うことがおすすめです。

引用ココマデ

脳は、共鳴します。



これ、ほんとそう思います。

日々の生活の中で、視機能で誰をとらえるか?

小脳の記憶システムに、誰をロールモデルとして入力するか?

尊敬できる人の小脳のシステムをコピーできれば、人生は良くなります。


周りに対する不平不満を言うばかりで、付き合う人が変わらない人たち。

彼らを見ていると、いつもこう思います。

「いや。あなたも同じですよ。むしろ、そっくりです」

似た者同士、共鳴するからこせお、一緒にいるように見えます。


僕も、尊敬できる人と付き合うことをおすすめいたします。