2016年2月18日木曜日

母親が父親のことを尊敬しているということのありがたさについて

マタニティ・エクササイズについてまとめようとしたら、こんなことを考えてしまいました。

「そもそも、自分の母親が父親の悪口しか言わないような人間だった場合、エクササイズ以前の問題にならないか?」

言うまでもありませんが、妊娠・出産の流れには『安心感』が不可欠です。

マタニティ・エクササイズは、その安心感を得るためのものです。

安心感の根源は、両親がお互いを尊敬し合っていること(理想)。

好意には返報性があるので、片方だけが尊敬していることはあり得ません。

両親の状態によっては、体操やってる場合じゃないですねこれは。

妊婦さん

子育てにおいて、母親が父親の悪口を言うことはタブーとされています。

子供の自己肯定感情が育ちにくいという説もあります。

イメージしてみると、実際そうだと思います。

母親が父親のことを尊敬しているのが基本なのだから、それはそうでしょう。


妊婦さんに置き換えた場合、ダンナさんのことを尊敬しているかどうか?

それがカギとなると思います。


母親が父親の悪口を子供に言い続けて育てた場合、ある問題が生じます。

その子供は、男性と付き合うことに意味を見出せなくなるということです。

女性の人生において、恋人(彼氏)の存在は重要です。

母親の影響で恋人ができない結果、不機嫌になってる人は多いと思います。


恋人のいない孤独感って、人間が感じる苦痛の中でも上位クラスですよね。


仕事にも悪影響が出ます。

職場の人間関係に、自分と両親の関係が投影されるからです。

そもそも、良い職場を選ぶことができません。

誰かが誰かの悪口を言い合っているような職場に就職することになります。


仮に、自分で起業しても、結果は同じです。

誰かが誰かの悪口を言い合っているような組織ができてしまいます。


仕事の基本は、尊敬しあえる関係の構築です。

信頼し合えないような関係でやっていけるほど、世の中は甘くはありませんから。

母親が父親の悪口を言っている次元の過程で育つと、この点で不利です。

母親が父親の能力を十全に発揮させれる人間であれば、とてつもなく有利です。


子供に対して、「尊敬する人は誰?」って質問してみましょう。

「おと~さん!」って返事があれば、母親の子育ては成功と言えます。

母親が父親のことを尊敬していれば、そうなるものです。

その圧倒的肯定感情は、生涯、子供の心を支えてくれるはずです。


はい。ここで、マタニティ・エクササイズの基本です。

『お腹の子に、父親の存在のありがたさについて語ること』

へんてこりんな体操なんて、やってる場合じゃないですよ。

脳機能を改善すべく、機能解剖学に忠実に動いていれば充分です。


つづく・・・・・・かも