2016年1月4日月曜日

人生を変える眼鏡をつくるということ(検眼inアイックス)

出遅れましたが、アイックスに家族で検眼しに行ってきました。

娘と母親の検眼風景

僕を含め、全員が内斜っていうね(笑)。

母親は、2.5cm上下にズレていました。

やはりね(大笑)。

検眼も楽しかったみたいで、笑顔がこぼれておりました。

単純なヤツですね。

娘は、5㎜と50㎜を勘違いして号泣w

ちっちゃかった頃を思い出しました。

子育て、大変だったな(遠い目)。


で、声を大にして言いたい。

『1秒でも早く検眼に行きましょう!!』


アイックスにね(^^♪


僕の母親みたく、決心するのに、孫の説得を必要とする場合もあるかもしれません。

しかし、検眼しないことには、何も始まりません。

ちゃんと視えていないと、非言語的(ノンバーバル)コミュニケーションがうまくいきません。

結果、あらゆる面で不利益を生じることになります。


視えていない人は頑固=困難なグループに殿堂入りしがちです・

そんなもんに入っていても、いいことなんて何ひとつありません。

素直な心を取り戻すためにも、視機能の改善が不可欠です。

頑固だと、検眼そのものを拒否するという展開を辿りがちですが……。


今年は、新年早々、喜ばしい出来事が連発しております。

昨年以上に素敵な1年になりそうです。


みなさま、一緒に楽しくやってまいりましょう!!