2016年1月20日水曜日

ネガティブ感情と情動の神経回路と、さまざまな身体症状のつながり。身体を正確無比に動かそう。

認知と情動は、お互いに情報を交換し合います。

扁桃体

扁桃体は、ネガティブ感情の情動機能に結びついています。

扁桃体だけで、ネガティブ感情に関する情動反応を調節しているわけではありません。

ヤコブレフ回路が、ネガティブ感情の神経ネットワークの原点になっています。

扁桃体の基底外側核には、感覚器(主に視覚)からのネガティブ感情についての情報が入力されます。

その情報は同じ扁桃体の中にある中心核を経由し、脳の他の部位へと伝達されます。

そして、さまざまな身体症状を導きます。


■ヤコブレフ(情動)回路

扁桃体 → 視床背内側核 → 前頭葉眼窩皮質後方 → 側頭葉前方 → 扁桃体という閉鎖回路

(扁桃体→視床MD核→帯状回前部→海馬傍回→扁桃体 + 扁桃体→側頭・前頭皮質→帯状回)

ネガティブ感情の神経ネットワーク

身体症状の原因は、必ずしも患部にあるわけではありません。

ネガティブ感情に結びついた記憶にある場合も多いのです。

身体操作の世界では、筋肉や関節に記憶された運動パターンと同期すると考えます。

ネガティブ感情の神経ネットワーク(情動回路)が、筋肉を動かしてしまうということです。

思い通りに身体を動かすことができない理由だとされています。

これを、「筋肉・関節には感情が封印される」と表現しています。


なので、無理に身体を動かそうとすると壊れてしまいます。

曲芸ができるようになっても、ネガティブな体の動きは改善されません。

まずは、ネガティブ感情の神経ネットワーク(情動回路)の暴走を抑える必要があります。

そのために有効なのが、機能解剖学に基づいた正確無比な運動です。


機能解剖学的に正確無比な動きは、側坐核のはたらきを良くします。

側坐核は、GABAを産生し、快感を司っています。

※γ-アミノ酪酸 (gamma-aminobutyric acid) - 神経伝達物質。


正確無比な動きによって側坐核が刺激されると、ドーパミンが出ます。

正確無比な動きによる快感は、側坐核が刺激された結果なのです。

動きが正確無比であればあるほどやる気が出て、ますます動きたくなります。

より精密に動くことで、どんどん調子が良くなるというわけです。


安部塾マジックの種明かしですね。


つまり、特別な動きなんて一切必要ないということです。

示威行為=派手なパフォーマンスなんていらないのです。

基本に忠実に身体を動かすのが至高です。

特別な動きを求めている間は、ネガティブ感情の神経ネットワーク(情動回路)の暴走は止まりません。


安心して、基本の動きに身をゆだねましょう。

ネガティブ感情の神経ネットワーク(情動回路)の暴走がおさまります。

気がつけば、身体症状が消失しているはずです。

筋肉・関節に封印されていた感情が解放されたのです。


いまいちまとまりませんが、書きたいことは書けた気がします(笑)。