2016年1月28日木曜日

過去のその人でも、未来のその人でもない。いま現在目の前にいるその人を、そのまま認める。

今朝、この記事を読みました。

本音で人を傷つけるのが怖いって人は、傷ついてる自分を否定してるだけ。

もともと傷ついてる人は
【傷つけられた口実探し】に必死ですから
たとえ本音といえども
もともと何を言われたって傷つきます。

もともとあっけらかんとしてる人は
【何を言われようが気にしない】ので
もともと何を言ったって気にしません。

つまりは、
人を傷つけないように
という気遣いは
すこぶる余計なお世話です。

そして、
本音を言ったことによって
傷つく傷つかないは相手の問題であって、
言った側に責任なんぞありません。

人を傷つけないように
気遣いをして本音を抑える人は
【傷つくことは悪いことだって
ジャッジしてる】んです。

そこに投影原則を当てはめれば、
【自分は今も傷ついていて、
かつそんな自分を否定している】
ってことです。

引用ココマデ

心の傷

同感です。


他人の言葉で傷つく人は、すでに自分で自分を傷つけているだけです。

で、わざわざ傷つけてくれる人を探して、傷つけられたと感じて、安心します。

「あぁ、やっぱり、他人は私を傷つける」

何言われたって、自分勝手に傷ついているだけなんですけどね。


ふだんから本音で生きていないから、めんどくさい人に成り果ててしまうのですよ。


さて、本日のテーマはタイトルにもある通り……


「過去のその人でも、

 未来のその人でもない。

 いま現在目の前にいるその人を

  そのまま認める」


……です。


これができないと、相手との関係がうまくいきません。

それはそうでしょう。

いまの自分のことを認めてくれない人と、良い関係を築きたい人なんていませんから。

思い通りに動かされたい(操作されたい)人なんて、いやしないのです。


これ、ひっくり返して考えると、自分に対してそうすることが大切だということです。


「過去の自分でも、

 未来の自分でもない。

 いま現在の自分を、そのまま認める」


当たり前のことなんですけどね。


この当たり前のことができないから、傷つくのです。

自分で自分を認めていないのですから、心が硬くて脆(もろ)いのです。

他者に認められようと、無駄な策略をしまくっては失望する。

そんなことを繰り返しても、無駄です。


いまの自分を、そのまま認めない限り、何ひとつ良くはなりません。


筋肉や関節についての勉強をすればするほど、このことがよくわかります。

筋肉や関節が壊れる最大の理由は、いまの自分を認めれないからです。

筋肉や関節の機能障害を起こしている人と、お話ししてみればすぐにわかります。

いま現在の自分を、そのまま認めていないことが。


機能解剖学に基づいた機能改善の練習を継続するために必要なこと。

それは、いま現在の自分を、そのまま認めるということです。

自分が犯している過ちを正していくためには、揺るぎない自己肯定感情が必要です。

過ちを犯している自分のことを認めることができないと、まっとうな練習ができません。


筋肉や関節の機能障害を起こしている人を観察してみましょう。

自己の正当性を、必要以上にアピールしているはずです。

そして、自分の正当性を認めてくれない人たちを憎悪しています。

痛みの根源には、『不安(怒り・悲しみ・恐れなど)』があるのです。


今日の塾生講座は、『小脳と動き』です。

この記事のお話とからめて説明いたします。