2016年1月18日月曜日

建設的な言葉の選び方・使い方のワーク

リクエストがあったので、『言葉の選び方・使い方のワーク』を開催します。期日は未定です(笑)。

脳に対する言葉の影響は大きく、破壊的な言葉を選んでいると、身体どころか人生が壊れてしまいます。破壊的な言葉を選んで使っている人たちを観察してみれば、その意味がよくわかると思います。

他人に対して発した言葉の影響を、最も直接的に受けるのは自分の脳です。他人を低く評価をするような言葉を選んで使っていると、自分で自分を低く評価するようになります。同時に、自分を低く評価しているからこそ、他人を低く評価してしまうということでもあります。

また、往々にして、『自分の意見を肯定してくれる人=良い人』と勘違いしてしまうことになり、事実の指摘をしてくれるメンター(信頼できる人)を遠ざけてしまったりという最悪の展開になってしまいがちです。破壊的な言葉と役に立つ厳しい言葉は、真逆の性質を持ちます。役に立つ厳しい言葉は建設的な言葉なのです。

言葉を選んで使うためには、相手の話をよく聴く必要があります。かまって欲しい人や認められたい人は、とかく自己アピールばかりしがちですが、自己アピール自体が『低い自己評価の産物』なので、破壊的な言葉しか思いつかないという状況に陥ることになります。

これは、隠された感情のワークにも言えることですが、発想の根源が歪んでいるために、思いつくすべてのことが歪んでしまうという恐ろしい状態です。感情が穏やかでないときに思いつくことなんて、基本的に破壊的なことばかりなのです。

改善していくためには、建設的な言葉を選び、ていねいに使っていく必要があります。その方法を学ぶワークを開催します。お楽しみに(*^^*)