2016年1月16日土曜日

話を聴けるプロフェッショナルと、じっくり対話してみましょう。きっと、人生が良い方に変わりますよ(*^^*)

話を聴けない親の子供は、話を聴いてもらえずに育つので、話の聴き方を学べずに育ちます。気持ちをわかってもらえずに育つので、他人の気持ちがわかりません。親に対する不平不満が、自分より立場が上の人たちに投影されるので、社会的にもうまくいきません。親のことを、信頼も尊敬もできないので、誰からも信頼も尊敬もしてもらえません。

人生詰んでます。

解決策のひとつは、『話を聴いてくれる職業』の人に投資をすることです。話を聴けるプロフェッショナルに、充分な報酬を支払い、自分の親にはできなかった『話を聴いてもらえる体験』を積み重ねることです。そうすると、『自ら考え、自ら行動する』ことができるようになります。人というのは、対話することで成長できる生き物だからです。

誰かに依存して、不平不満だらけで生きていきたくないのなら、1秒でもはやくそうした方が良いと思います。自立とは、『対話することで、自分の人生をクリエイトしていく』ことです。孤立ではないのです。対話を拒否していると、破滅しがちです。

  良好な人間関係の特徴は、『満面の笑顔でばっさり斬り合える関係』です。めんどくさい駆け引きなんてありません。「私は~だと思う。あなたはどう思う?」という、『自分』を主語にした対話が、自立を現実化していきます。

  「あなたは~すべき」という、『他人(相手)』を主語にした会話は、一方通行になります。結果、お互いがお互いの話をまったく聴いていないという状態に陥ります。良いことなんて何も起こらず、高頻度で問題が起こります。トラブル続きの人生は哀しいです。

自分の気持ちを伝えることができた満足感を味わうと、人生観が根底から変わってしますます。話を聴くプロフェッショナルには、相手の人生を根こそぎ変えてしまえる潜在能力をもっています。とはいっても、話を聴くプロフェッショナルに対して反発したり抵抗したりするのが、話を聴いてもらえずに育った人たちの特徴だったりするものだから、いろいろめんどくさいのですが(笑)。

身体操作の世界もそうですが、ほんとうに指導が必要な人ほど、指導を受けるという考え方そのものに辿り着くことができません。身体操作の基本は、話を聴くことができるということです。身体操作の達人が社会的に成功して慕われているのを見れば、その意味がよくわかると思います。逆に言えば、社会的に成功していない時点で、良好な身体操作ができていないということになります。

話が聴ける人は、姿勢も動きも美しいものです。というより、話を聴けるという次元の脳が生み出す姿勢や動きが、美しくないはずがありません。なので、話を聴けるプロフェッショナルを判別するのに、姿勢や動きの美しさを基準にするのも、ひとつの目安になると思います。

  ぜひ、話を聴けるプロフェッショナルの元で、じっくり対話してみてください。