2015年11月13日金曜日

お腹の使い方動画~自分を信じ、自分らしく生きていく。

昨夜の安部塾で、『お腹の使い方』の練習をやりました。

安部塾の斜め腹筋(上体ねじり腹筋)では、胸鎖乳突筋を使って運動連鎖を引き出します。




■ねじっていく側の筋肉の運動連鎖

胸鎖乳突筋→大胸筋→前鋸筋→外腹斜筋→内腹斜筋

■反対側の筋肉の運動連鎖

頭板状筋→小・大菱形筋→前鋸筋→外腹斜筋→内腹斜筋


生で説明を受けないと、ちゃんとした使い方は理解できないと思います。

特に、呼吸の仕方は難易度高いです。

上体をねじるという動きは、脳機能の改善にとても有効です。

うつ気味の時にこの動きをやってみるとわかりますが、全然できないと思います。


腹部に対応する性質は『火』です。

ヨガだと『黄色』が対応します。

自分らしさの確立と決断力を高めます。

火の性質によって消化力を制御し、体力を増進します。

自分の力を信じる勇気を得ることができ、何かを達成してみたくなります。

病気になりやすい人は、お腹が弱いものです。


お腹のバランスが崩壊すると、権力欲が極度に強まってしまいます。

他人を支配したい(思い通りに動かしたい)ときは、筋肉の運動連鎖が起きません。

なので、動きが力づくに見えますし、やっている感満載のりきんだ状態になっています。

視機能が崩壊している場合も、お腹が弱くなってしまいます。


お腹が美しいということは、人生がイージーモードであるということなのかもしれません。

育ちがいい人たちって、みんなお腹が美しいですしね。

自分らしく生きれているかどうかの、ひとつの指標になると思います。

この動画動きが楽しくて仕方がないというのがデフォルトということですね。