2015年10月5日月曜日

「あなたの人生は他人の承認を得るためにあるわけではありませんよ」 アドラー先生のことば

最近の僕の講座では、カメラが何台もまわっております。

シルバーウイーク集中講座

他人からどう見られているのか=他人の目が気になってしまう人にはムリゲーな環境です。

恥ずかしくなって固まってしまうでしょうね。

自分の行動が他人に承認してもらえなかったどうしようという不安があったら爆死です。

僕は、『恥をかく良い機会』だと感じているので平気です。


断言できますが、恥をかけば友達ができます。

成長とは、恥をかくことそのものだからです。


そして、もうひとつ断言できます。

恥をかけば、身体機能が改善します。


なぜか?

自分を受けいれるということ=恥をかけるということだからです。

自己承認=自分を承認することは身体機能の維持増進に不可欠です。

それができるということが、どれだけの好影響を身体に与えるか?

少し考えてみれば、すぐに理解できるはずです。


自分をさらけ出せた人たちの改善ぶりを観察してみれば、納得できると思います。

偽りの姿を見せるのをやめて真の姿を見せる。

本来の姿を見られて恥をかくことから、すべてが始まります。

アドラー先生の、「あなたの人生は他人の承認を得るためにあるわけではありませんよ」です。


塾生の集客状況報告を受けていると、恥をかいた塾生が躍進しているのがわかります。

一緒にいて安心できるし心地いいですからね。

恥をかきたくないうちは、良客につながれないと思います。

そもそも、自分をさらけ出さない人を信用する良客なんていませんしね。


いちばんいいのは、一緒に恥ずかしいことをすることです。

これ、ほんとおすすめです。


他人の承認を得るために生きるなんて惨めなことはしたくありません。

その思いを、今後の活動に反映させていきたいと思います。