2015年4月23日木曜日

Free Child=自由なこどもの心を取り戻して欲しいのです

昨夜、エゴグラムのアプリをダウンロードして自己分析してみました。

エゴグラム

交流分析恐るべし(笑)。


昔に比べると、支配性がなくなって、調度良くなりました。

もう少し、他人に寛容になろうかな。


エゴグラムより

■CP(支配性)

厳しい心。自分の価値観を正しいものと信じて譲らず、責任を持って行動し、他人に批判的である。この部分が低いと、ルーズな性格になる。

■NP(寛容性)

優しい心。愛情深く、他人を思いやって行動し、世話好きで保護的で親切である。この部分が低いと、冷淡な性格になる。

■A(論理性)

論理的な心。現実を重視しており、知的で計算力が高く、聡明で頭脳明晰で合理的である。この部分が低いと、非合理的な性格になる。

■FC(奔放性)

自由奔放な心。明るく好奇心旺盛でユーモアがあり、わがままで自己中心的である。この部分が低いと、閉鎖的で暗い性格になる。

■AC(順応性)

協調的な心。他人からの評価を気にし、言いたいことを言わずに我慢してしまい、従順で遠慮がちである。この部分が低いと、マイペースな性格になる。

引用ココマデ



共感・保護・受容など、相手の成長を促進するようなやさしい心を育む。

課題です。


依存的で消極的従順であることと、攻撃的で反抗的であること。

親や支配者のしつけによって生み出された心。

相手への依存性は、いじける行動や拗ねる態度に転換されます。

恨みや敵対心(攻撃性)が生まれます。


僕は、そんな心に支配された人たちの対極的存在でありたいと思います。

依存性や攻撃性を中和できるレベルで。


親の躾(しつけ)・学校教育・社会規範の影響の影響を受けていない生まれながらの心。

何にも拘束されずに自由に振る舞う子どもの心。


Free Child=自由なコドモの心。

感情に基づいて明るく天真爛漫に振る舞う心。

他者に束縛されない自由な感情表現をし、行動する心。

純粋な喜びを感じれる心。

幸福感と創造性を生み出す源泉となる心。


そんな心を取り戻してもらうためには、僕自身がそうであればいい。

僕はずっと、そうやって生きてきました。

そしてこれからも、そうやって生きていきます。

エゴグラムの結果を見ながら、そんなことを思いました。


なんか、やる気出てました(笑)。