2015年3月12日木曜日

ヨガポールにのるとめまいがする人がいる理由

ヨガポールにのっただけで具合が悪くなる人がいます。

公式には「三半規管が~」という意見をよく聞きます。

僕なりに、いろいろ調べて研究してみました

結論は、『感情ストレスと呼吸の乱れで胸鎖乳突筋が固まったから』です


回転性の目まい・浮動性のめまい。

吐き気がしたり、立つことも歩くことも困難になったり。

中心軸を喪失して体幹がぐらついたり。

これ、胸鎖乳突筋が固まった時の典型的な症状ですから。


ヨガポールにのると、抑圧していた感情が解放されます。

そうすると、胸鎖関節に封印されていた悲しみや怒りが解放されます。

しかし、その感情を感じることができないため、身体症状化します。

それが、『めまい』『ふらつき』という症状の正体です。

胸鎖乳突筋のトリガーポイントと関連通

だとしたら、自然呼吸法と感情ストレスの解放が基本的対処法ですね。

合わせて、胸鎖乳突筋を解放すればバッチリです。


安部塾式の胸鎖乳突筋ストレッチングが、超絶有効かと♪

胸鎖乳突筋ストレッチング

胸鎖乳突筋の解放は、顎関節症にも有効です。

今日・明日の指導者育成講座で説明しますね。