2015年3月18日水曜日

良い姿勢で座って、しあわせになりましょう~

良い姿勢で座っていると、仕事の能率が上がります。

良い姿勢で座る

坐骨の真上に頭頂をもってきて、坐骨は下に、頭頂は上に伸ばします。

やってみるとわかりますが、意識がいきなりクリアになります。


姿勢や体型が崩壊すると、深い呼吸ができません。

身体が縮んだ状態では横隔膜・骨盤隔膜が機能低下します。

骨盤後傾・腰椎後・脊柱円背・股関節伸展・膝関節屈曲。

背もたれからの反力で、臀部・大腿部が前方に滑ります。


浅い呼吸しかできない状態で、まともにものを考えることはできません。

良い座位姿勢(坐骨座り)と不良座位姿勢(仙骨座り)

仙骨後面と胸椎の二点で身体を支えるのが仙骨座りです。

二点で支えると良い座位姿勢より背中への圧が強くなります。


背中への圧が高まることで、胸椎付近の背中の筋肉が硬化します。

筋肉連鎖で、腰の筋肉も硬くなって張ってきます。

結果、胸椎や骨盤・股関節の機能が崩壊します。

股関節痛や膝痛をはじめ、さまざまな障害が津波のように押し寄せます。


背中を丸めていると、多裂筋を酷使することになります。


多裂筋

■多裂筋

・起始 

仙骨後面及び全腰椎乳様突起及び副突起
胸椎横突起
頸椎4~7番関節突起

・停止

隣接する2~4椎骨上の棘突起

・作用

両側が働くと伸展
片側が働くとわずかな回旋


多裂筋の筋力が低下して機能異常が起きると、骨盤・腰椎の安定性が消失します。

安定性を代償するために、胸腰椎移行部を過伸展させて姿勢を保持することに。

内側広筋・ヒラメ筋・腰方形筋などが連鎖的に機能低下していきます。

多裂筋は、横隔膜・腹横筋・骨盤底筋群と連動しています。


全身の機能異常まったなしです。


良い姿勢で座りましょうね~