2015年1月24日土曜日

言いたいことがあるのなら、本人に直接言った方が、結果はずっと良くなるのに。

僕は、僕に直接意見を言ってくれる人たちが好きです。

なので、直接会って意見をぶつけてくれる人たちと親しくしています。

なんてことを、昨日の薬院校で話しました。

まわりを巻き込むと、事態がややこしくなるだけですからね。


さっき、ちょっとググってみました。


なぜ陰口を言う人は、直接本人に言わないのでしょうか?

本人に悪いところを言えば いきなりその人の敵になるでしょう?
本人に直接苦情を言うほど自分に関係ないことが多いんです。
でもそれを他の人に言うと、共感する人を味方にできるでしょう。

つまり、誰かの敵にはなりたくなくて、味方が欲しいんです。
なんでもいいから人をダシにしてでも誰かを味方にしたいんです。
そうしないと自分がそこにいるのが怖いから。つまり小心者。


人の文句は、陰でこそこそ言わず、本人に直接言いなさいという人がいますが、皆さんどう思われますか?私はいい大人が、本人に直接言うと喧嘩になりよくないと思うのですが。ご意見宜しくお願いします。

正しい事であれば、直接本人に言ったほうが本人の為にも良いと思いますが、言った事で、本人に悪く思われたくないという、自己防衛、自己可愛さで、陰で言われるのだと思います。大人のずるさを感じますね。


>本人に直接言いなさいという人がいます

別に言いたい放題言え、という意味じゃないでしょうに。。。。

>いい大人が、本人に直接言うと喧嘩になりよくない

そうですよ。大人の言い方で、相手に言いたいことを伝えろということですよ。
喧嘩になったり、疎遠になったりするのは、コミュニケーションに一方的な部分や、
相互不理解な点があるからです。


ケンカにならないように文句ではなく忠告・注意として言うのが大人じゃないですかね。
本人に言わず陰口言ってるのが大人とは思いません。


引用ココマデ


だいたいみんな、同じ意見ですね。

僕も、そう思います。


当事者同士の問題に、まわりの人たちを巻き込むと、ろくなことになりません。