2015年1月16日金曜日

好きなことを、仲間たちと一緒に楽しんでやる。できない理由ではなく、できる理由を考える。「どうせ自分なんて」「どうせ無理」だと思わない。

ちょっと長いですが、観てみてください。



「どうせ無理」という言葉が恐ろしい言葉なんだなと思いました。これは人間の自信と可能性を奪ってしまう最悪の言葉です。

人間は生きていくためにはどうしても自信が必要なんです。だから自信をなくしてしまった人たちの中には、お金で自信を買うようになって、身を飾るようになったり、また、それを自慢しなくてはいけなくなったり、そのために人を見下してしまったり、他の人が頑張ったら困るから努力を邪魔するようになってしまう人もいるんです。

こういう人が皆さんの身の回りにも、もしかしたらいるかもしれません。でも、その人たちは自信をなくしてしまった可哀想な人たちなんです。その人たちが自分の自信を守りたくて、しょうがなく他の人の自信を奪ってしまっているのかもしれません。

皆さんが今日から「どうせ無理」という言葉に出会ってしまった時に「だったらこうしてみたら」と言ってくれたら、ただそれだけでいつかこの「どうせ無理」という言葉が無くなってこの世からいじめも虐待もなくなるんです。

僕たちは何かをしてもらうためや、諦めるために生まれてきたんじゃないです。そんなことのために生まれたんじゃないんです。僕たちは世界を救うために生まれました。世界を救うのは簡単です。
世界を構成する全ての人間が、自分なんてと思わないだけで世界は救われてしまいます。今日から1人1人が出来る世界の救い方です。だから、ぜひ今日から救ってください。「自分なんて」と思わないでください。
そしてこれから先、僕らがやっていくべき事は、できない理由を探すことではない、できる理由を考えることです。ただそれだけで世界はあっという間に良くなるんです。

動画より引用ココマデ

いちばんいけないのは自分なんかだめだと思い込むことだよ

「なぜ、他の人をつぶそうとする人がいるのか?」

それが、先月からの僕の研究テーマでした。

そんなとき、この動画を見つけました。

いろいろな疑問が氷解しました。


「どうせ自分なんて」って、心の底で感じてしまってるのかもしれません。

いろいろ諦めてしまうほどに、自信がないのです。

だから、他人の足を引っ張るし、まともな努力をしません。

自分を守るために。


では、具体的にどうしたらいいのでしょうか?


このふたつの動画がヒントになるような気がします。



「ただただ自分たちは楽しんで好きなことをやっているだけ。楽しめば、人は集まってくる」

「好きなことをベースに情報発信をしていると、徐々に共感してくれてくれるファンができてきて、まわりを巻き込みだす」



「目の前のひとりを救えない人に、みんなは救えない。」

「誰かと一緒にやりましょう」

「どこに向かうかわからないところへは、仲間となら行ける」

動画より引用ココマデ


「仲間たちと一緒に楽しんで、好きなことをやる」


そういうことなんですよね。

僕たちを救ってくれるのは、一緒に楽しんでくれる仲間なのです。

そして、まずは、目の前のひとりと、好きなことをやって楽しむこと。

それができないから、自信が育たないのです。


他人をつぶそうとしている限り、自信は育ちません。

「どうせ」という言葉を使うのをやめましょう。

「どうしたらできるかな?」という言葉を使いましょう。

仲間たちが、「こうしたらできるよ」って、応えてくれます。


僕自身、今後の活動を、そんな視点でやっていきたいと思います。