2014年12月3日水曜日

薬院校初の塾生によるレッスンの報告を受けました

今日は、塾生が薬院校でイントラデビューを果たしました。

薬院校 塾生による初レッスン

ロクちゃんからもらったバルーンが、まさかの大活躍だった模様w


安部塾では、『自分で顧客を集める』という課題を、塾生に与えています。

自分で顧客を集めると、自分の仕事に対する愛が深まりますから。

少人数のときに、落胆するのではなく、『やれることは全部やること』が、安部塾流。

人がいないからといって仕事を投げ出すと、後で、つらい思いをすることになるから。


きちんと仕事をして、気持ち良く帰っていただくということの積み重ねです。

そうしていると、応援してくれる人たちが現れます。

もちろん、すべての人が応援してくれるなんてことはありえません。

気に入ってくれて、足しげく通ってくれる顧客を大切にして欲しいと思います。


もうひとつの課題は、『顧客に損をさせないこと』です。

ケガをさせたりするのは問題外です。

何の成果もあげれないのも問題外です。

『あなたに出会えて、本当に良かったです』くらいの仕事をしたいものです。


僕が嫌いなのは、顧客の不安を煽って依存させるという行為。

好きなのは、顧客が自分の中心軸を見つけて安心して自立していけるよう援助する行為。

その場しのぎの痛み止めとか対症療法を習慣化させるのは大嫌いです。

本来の姿に戻って、自分らしく生きてもらうのが大好きです。


東山紘久さまが、『聞く技術』という御本に、こんな言葉を書かれてます。

『雄弁な人の言葉ほど、あまり信じられないものなのです。他人には、現実と事実は見せるだけでいいのです。饒舌(じょうぜつ)に売りこまねばならないのは、事実が言葉より劣っているからです。

僕は、この言葉が大好きで、これまで過剰な自己宣伝をしてきませんでした。

僕は、僕のいまの現実と事実を見せるだけで、今後も活動を続けていこうと考えています。


今日、塾生からの報告をもらって、「やっぱり、言葉より事実だよなぁ」って再認識しました。

コツコツ教えてきた内容を、塾生が消化して、自分のクラスをつくっていくのを見れるというね。

これ以上に有意義な活動は、子育てくらいです。

これからの、塾生たちの活動報告が楽しみでなりません。