2014年11月12日水曜日

疲れ目しょぼしょぼのときは

昨夜、こんなメッセージが。

メッセージ

目の機能というものは、脳の状態と密接な関係にあります。

で、脳の血流が低下すると、目が疲れて感じます。

なぜに血流の低下が起きるかというと、頸動脈が圧迫されるからです。

圧迫される理由は、肩甲骨まわりの筋膜の働きが悪くなるからです。


ここまで書けばわかると思いますが、やるべきは『肩甲骨の解放』です。

特別な対策など必要ありません。

普通に安部塾メソッドを実践すればいいのです。

カンペル平面水平で肩甲骨はがしをやるとか、軸伸展からの乳様突起軸回旋とかですね。


疲れ目の原因が姿勢の崩れというのも、よくあることです。

この場合も、姿勢の改善で解消できます。


その場しのぎの対処療法ばかりやっていると、かえって全体のバランスが崩れてしまいます。

全体のバランスを丁寧に整える方が、その後の経過が良いと思います。