2014年2月5日水曜日

どのような状況にあろうとも、 あるがままに生きていきたい。

なまけ者のさとり方より

自分を愛するとは、エゴを大きく膨らませることではない。

エゴイズムというのは、自分をひどく嫌っているのに、自分は価値ある人間だということを証明しようとするものだ。

自分を愛するようになれば、エゴは解消される。

もはや自分が他者よりすぐれていると証明する必要がないからだ。

引用ココマデ

豊玉姫と御子 青龍



健全な自尊心の持ち主は自慢をしない。

人前で自分を取り繕うことがない。

自分のダメなトコロを受けいれている。

ありのままの自分でいることができる。


なぜだろうか?


すでに自分で自分自身に対して良い感情を抱いているから。

自分の存在価値に確信があり、心が安定しているから。

ありのままの自分を受けいれることができているから。

あるがままをそのままに受けいれ、満足しているから。


その結果、自分が望んでいる状況に近づくことができている。



自分で自分の価値に確信が持てないとどうなる?

批判≒不平不満を他人に向けるか、自慢する。

不満を言うことで自分の辛さを表明して、同情してもらおうとする。

逆に、自分がいかにすぐれているかを語って、認めてもらおうとする。


本当は、辛いに一閃で幸になるわけなんだけど。

その一閃こそが、『健全な自尊心』。


不平不満を言ったり、自慢したりしていると、とある問題が起きる。

『自分が望んでいる状況が遠ざかってしまう』という問題が。


あるがままの自分を愛せない限り、望んでいる状況には近づけない。


不平不満や自慢が癖になっている場合は、矯正には努力が必要になる。

不平不満を言いたくなったら、沈黙して相手の話を傾聴。

自慢したくなったら、沈黙して相手の話を傾聴。

同情や承認を求めるのをやめると、ありのままの自分でいれる。


認めたくない事実を認めると楽になれる。


中心を相手から自分に戻すだけの簡単なお仕事ですw


パフォーマンス(芸)をする人に、僕はよくこの話をする。

・不平不満や自慢から生まれる動きはキモチガワルイ。

・自分をありのままに受けいれている動きはキモチイイ。

人前に立つとき、この違いはとてつもない差となる。


稽古=練習とはなんだろう?

『自分の中の認めたくない部分を認める行為』

僕にとっての稽古とは、そんなもの。

だからこそ中心軸にこだわる。


苦痛を含め、感知するものすべてが、

ありのままの自分に誘うために発現している。

どのような状況にあろうとも、

あるがままに生きていきたい。