2014年2月4日火曜日

人が変わるのは、その人が変わりたいと思うから。

他人を変えることはできない。

他人を変えようとすると、その人は現在の行動を強化する。


だって、そうしたいからそうしているのだから。


自分の価値観を人に押し付ける。

相手を認めずに自分の考えだけが正しいと主張する。

そんなことをしていれば、一発で孤独になる。

相手を認めないことには自分も認めてもらえない。


『自分の思い通りに振る舞って欲しい』

どんなに願っても、そうなることはない。

力づくで強要しても、脅しても、うまくはいかない。

それに見合った何かで報いない限り、叶うことはない。


人と人との関係は、『等価交換の法則』で成り立っている。

身勝手な思いを押しつけても、何の理由もなく従ってはくれない。

思いを強制するのは、相手の人格を無視した単なるわがまま。

理解してもらうための気配りをしているのか自分に問うてみたい。


他人を自分の思い通りに動かそうとするのは時間と労力の浪費。

自分の考え方と態度を変えた方が、現実的で効率的。


他人に何かをして欲しいのなら、

それがその人の利益になるような環境を整えるのが合理的。


どうしても説教をしたいのなら、良き手本を示せばいい。

相手に変化を求めるのではなく、自分自身の中に変化を求める。

人と人は相互に影響を与え合って生きている。

なので、自分の中の変化が、少しだけ他人にも影響を与える。


しかしそれでも、他人は自分の思い通りには動いてくれない。


角のない しかまろくん


『自分は自分 他人は他人』

僕たちはみな、自分の言動にだけ責任をもてばいい。

そうすれば、他人に対して身勝手な期待をすることはなくなる。

お互いが好きなように生きることができる。


自分は自分と思える人は、他人を尊重できる。

自尊心が高まるから。

仲が良い=お互いを尊重できるということ。

良い人間関係は、お互いを尊重することから生まれてくる。


人間関係が良くなれば、いろいろ捗る。

他人を思い通りに動かそうとしないで生きていこう。