2014年2月3日月曜日

不満を言っていても健康にはなれない

人はなぜ不平不満を言うのか?

同情されたいから?

是認して欲しいから?

他人を操作したいから?


たとえば、体調についての不平不満。

周りの人たちの関心を引こうとしていないか?

同情をえようとしていないか?

何かを避けるための口実にしていないか?


ひとついえることがある。

体調についての不平不満を言っても体調は良くならない。


自分が口にする自分の体調についての否定的な言葉。

その言葉を自分の脳は聞いている。

その言葉通りの現実を、脳がつくりだしてしまう。

不平不満を言えば言うほど、不平不満の種が増えていく。


まさに『ガソリンで火を消そうとしている』という状態。



健康でいるためには、自分の肉体に感謝の言葉をかける。

効果はすぐに体感できる。


少し観察してみればいい。


体調が良くない人は、自分の肉体に対して不満ばかり。

感謝の言葉などかけやしない。



健康だけではない。

ありとあらゆるグループにおいて、弥栄の基本は同じ。

本音を語り合うのは楽しいし、やる気が出てくる。

不平不満を言っていると、やる気が消失する。


僕は言いたい。


不平不満を言うのはやめよう。

そのぶん、自分に正直になろう。


ただそれだけのことで、驚異的な勢いで健康になれる。