2014年1月30日木曜日

あなたの言葉を変えよう。それだけで世界は変わるから。

言葉を変える、それだけで世界は変わる。見直そう、あなたの言葉。より

言葉を少し変えただけで、人々の反応も変わる。そんなことが分かる動画。



引用ココマデ


言葉を発するとき・・・・・・

「相手を自分の思い通りに動かしたい」とか

「自分をよく見せたい」とか

そんな気持ちでいたら、うまくいかない。


そんなとき、主語は『あなた』になっているはず。

主語を『私(僕)』にするだけで、世界が変わる。


あなたを主語にすると、相手を非難する感じになる。

「あなたのせいで」

「あなたは~だ」

叱責や攻撃的な言葉は、相手を防衛的にしてしまう。


自分の考えを強要するような言葉を並べてはいけない。

反感を呼ぶだけで、そこに愛は生まれない。

あなたを主語にするのを控えよう。

相手を責めたり行動を無理に変えさせたりする言葉が出にくくなる。


自分を主語にして、言い換えてみよう

「僕はいま、こんな状況なんだけど、協力してくれる?」

「僕に力を貸してくれると嬉しい」

自分が感じている気持ちや感情を真っ直ぐに伝えよう。


相手がこれまでやってこなかった否に触れないこと。

いまやってくれたら、自分がどんなに助かるかを語ること。

相手を批判するのではなく、自分の気持ちを率直に表現する。

素直な気持ちを言葉にするだけなので、恥ずかしくはない。


もう一度、さっきの動画を観て欲しい。

看板の言葉の意味が、よくわかると思うから。